日本でもフェットチーネやリングイネなど、さまざまなパスタの乾麺が普通のスーパーなどで売られています。どれも美味しいものですが、われわれがよく手に取るのが最もスタンダードな『スパゲティーニ』ではないでしょうか。

とくにスパゲティーニだけでも日本ですとママーやオーマイ、イタリアだとバリラやディチェコなど、たくさんのメーカーのものを見かけることが多いです。

でも、そんなスパゲティーニでもメーカーにより太さが違ったり、オイルソースやトマトソースなど、もっとも合う組み合わせがあるのです。今回はそんなよく売っているメーカーのスパゲティのなかから、「スパゲティとソースのベストな組み合わせ方」についてお伝えしたいと思います。

■オイルソースにもっとも合うのは『ディチェコ』
ディチェコのスパゲティーニの分かりやすい特徴は、”表面がザラザラしている”こと。茹でても小麦の香りが強く残っており、ザラザラとオイルがよくなじむのでオイルソースが一番合うでしょう。ぺペロンチーノなど、ソースに水分があまり無いものがおススメです。

■トマトソースや水分の多いソースに合うのは『バリラ』
バリラのスパゲティーニの分かりやすい特徴は、”太く茹でてもコシが強く残る”こと。袋に書かれている茹で時間を見ても他メーカーより長く、面の太さもバリラはやや太めです。ぷりぷりとした食感が特に水分の多いトマトソースなどによく合うでしょう。

■万能型なのが『日本メーカー』
ママーやオーマイなど、日本メーカーのものは茹で時間も短く、バリラほどではありませんがコシの強いものが多いです。コレだ!という料理は無いかもしれませんが、何でもマッチすることと安価なことから、ストックとして買っておくのが良いかもしれません。

以上となりますが、人によってはたとえばディチェコのスパゲティーニに合うトマトソースを作る人もいるかもしれません。ひとつの目安として考えていただければ幸いです。

また、簡単なものになりますが非常にシンプルな『基本のぺペロンチーノ』の作り方も次ページに記載します。これを作れれば他のパスタ料理に応用することができるので、ぜひ覚えてみてくださいね。

下の【次へ】ボタンを押すとぺペロンチーノのレシピが表示されます。

※表示されない人は(http://rocketnews24.com/?p=243001&page=2)へアクセス