中華料理の大定番チャーハン。餃子や唐揚げ、ラーメンなんかと一緒に食べるとホント最高だよな。ある意味、中華においてチャーハンは白ご飯のような存在といえるかもしれない。

さて、そんなチャーハンをお得な価格で食べられる中華料理店を京都市内で発見。全ての単品料理にチャーハンをセットとしてつけられるのだが、なんと「チャーハンにもチャーハンセットが適用される」というのだ。意味不明すぎるッ!

・ただの2人前か、それとも……

今回訪れたのは、京都市内にある中華料理店「チャーミングチャーハン」。こちらのお店では、全ての単品料理にプラス250円するとチャーハンセットにできる。チャーハンが単品450円であることを考えれば、セット価格はお得といえるだろう。それは良いのだが……。

気になって仕方ないのが、冒頭でも述べた「チャーハンにもチャーハンセットが適用される」という謎のシステムだ。同じ料理同士をセットにして一体どうするのか。それはただのチャーハン2人前ではないのか。そう思いきや、ふと気付いた。

メニューには「焼飯(チャーハン付700円)」と表記されている。もしかして、漢字表記の「焼飯」と片仮名の「チャーハン」は別物なのか?

全く同じ料理2人前を供するのであれば「チャーハン(チャーハン付)」という表記になるのではないか。そう表記されていないということは、メインの「焼飯」とセットで付いてくる「チャーハン」は別の料理かもしれない。

・ドッペルゲンガー

百聞は一見にしかず。謎を解き明かすため、実際に「焼飯(チャーハン付)」を注文してみることにした。できれば「焼飯」と「チャーハン」が別の料理であってほしいな……。できれば……。


数分後。


筆者の眼前には、全く同じ姿形をした料理が2つ並んでいた。

どこからどう見ても、同じものである。一応「違いってあるんですか?」と聞いてみたところ、店員さんは「いえ同じものです!」と笑顔で答えてくれた。

うんうん、そうか。同じものなのか。良かった、謎が解けた。良かった……。


…。


……。


さてどうしよう……。

・無心で食え!

初めて訪れた飲食店。他にも美味しそうなメニューが並ぶなか、同じ料理×2で胃袋を満たしてしまうのは不本意ではある。しかし頼んでしまったからには食べるしかない。

2人前のチャーハンを使って上手くボケられるような腕は持ち合わせていないし、そもそも食べ物で遊んではいけないと子供の頃から教えられている。

まず片方のチャーハンを平らげ……

次にもう一方のチャーハンを平らげる! それだけだ!!

一応マジメな話もしておくと、卓上には紅しょうが、食べるラー油、胡椒など味変に使えそうな調味料が置かれている。チャーハン自体はシンプルな味付けなので、カスタムしながら食べていくと最後まで飽きずに楽しめると思うぞ。「焼飯(チャーハン付)」を注文してみたいという方は参考にしてほしい。


チャーハンにチャーハンをセットでつけられるという、何ともユニークなお店「チャーミングチャーハン」。よくよく考えると、700円でチャーハン2杯という価格はリーズナブルである。「美味しいチャーハンを盛り盛り食べたい!」という方は、一度足を運んでみてはいかがだろうか。

・今回紹介したお店の情報

店名 チャーミングチャーハン
住所 京都市中京区丸太町通り油小路西入ル丸太町27 高陽院ハイツ1F
時間 11時~14時45分、17時~21時
休日 月曜日

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.