お弁当に入っていて嬉しいものは? と聞くと、卵焼きや だし巻き卵は欠かせないと返ってくることが多い。ただ、やはり卵はあくまでサポート役ではないか。メインはハンバーグや唐揚げなどで、卵は名脇役といったイメージがあるのだがどうだろう?

しかし、そんな固定観念を打ち破るような定食が存在した。なんとその定食は、だし巻き卵がメインを務めているというのだ。マジかよ! いや、だし巻き卵のウマさは私(あひるねこ)も認めるところだ。が、メインとなると……どうなんだ? そこで、その実力を確かめに行くことに!

・有名天丼屋の隣にある和食屋

東京メトロ・三越前駅の付近で、もっとも有名なお店といえば「天丼 金子半之助」だろう。常に凄まじい行列ができている超人気店だ。そして、私の目的地である和食屋「京の馳走 はんなりや」は、偶然にも「金子半之助」のすぐ隣にあった。

例のだし巻き卵がメインの定食は『お昼のセット(税込1080円)』というランチメニューである。開店の少し前に到着すると「金子半之助」ほどではないが、何名かがすでに並んでいた。

・だし巻き卵が主役のランチメニュー

店内はカウンターとテーブルが数席。カウンターの中では板前さんが大根の桂むきをしている。いい雰囲気だ。多くのお客が『お昼のセット』を注文していたのだが、やはり皆だし巻き卵が目当てなのだろうか? ちなみに、100円追加するとちりめんじゃこを付けることができるぞ。

ご飯に赤出汁、漬物、おばんざいが3種。非常に健康的だ。そして、その中央に陣取っているのが……そう、だし巻き卵である! この中で1番大きな皿に乗っており、主役のオーラをこれでもかと放っているではないか。

大ぶりなだし巻きが3切れ。その脇には大根おろしが添えられている。卵の断面も美しく文句なし。どう間違ってもウマいであろうことは容易に想像できるな。

・ツルふわすぎる

箸を入れてみるとスッと通る。持ち上げると崩れてしまうんじゃないか、というほどの柔らかさだ。そして口に入れた瞬間……フワッっとなった。いや、フワッじゃないな。ファッという感じか。ファッ。なんだこれ、優しすぎるだろ。

卵の表面から中身に至るまで、そこら中がファッ状態である。特に、表面がツルツルとなめらかで驚く。これと比べると、私が今まで食べてきた だし巻き卵の表面は、なにか薄い皮にでも包まれていたんじゃないかとさえ思う。そのくらい柔らかな食感なのだ。

・上品な関西風の味付け

「京の馳走 はんなりや」というくらいだから、味は関西風の薄口に仕上がっている。しかし、ただ薄いというわけはなく上品な味付けだ。そのバランスが絶妙どすえ! ウマいどすえ!! 大根おろしと一緒に食べると、もう止まらないどすえ~~~!!! とにかく、個人的には完璧なだし巻き卵だった。

最初はだし巻き卵がメインだなんて……と思っていたが、この定食の中では紛れもなく絶対エース。他の皿をも引き立て、食事を豊かにしてくれる優れものだ。「金子半之助」に並んでいる人たちに、こっちにもウマいものがあるぞー! と教えてあげたい気分である。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 京の馳走 はんなりや
住所 東京都中央区日本橋室町1-11-15 日本橋UNOビル 2F
時間 11:00~14:00(月~金)、17:30~22:00(月~金)、17:30~21:30(土)
休日 日・祝日・土曜不定休

参考リンク:京の馳走 はんなりや
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼お昼のセット(税込1080円)

▼100円追加するとちりめんじゃこを付けることができる

▼上品で超絶ツルふわな卵が絶品