やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 3犬レイドは頑張っているかな? お兄さんは強いエンテイもライコウも持っていないんだよ。だから出たら必ず行くようにしてるんだけど、ついに個体値100のライコウをゲット!! 真面目な話、気絶しかけたよね!

それはさておき、ついにウルトラボーナスが始まったワケだが、当然みんなこのタイミングで実装となった「色違いオタチ」と「色違いグライガー」を捕まえまくっていることと思う。だがもう1種類、全トレーナーが欲してやまない色違いポケモンがいる。そう『色違いラクライ』だ。

・実装されたけど…

9月のアップデートで追加となった色違いラクライ。ウルトラボーナスのタイミングと被ったものの、イベント対象ポケモンではないため野生で見かけることはほとんどない。つまり、どうしても『色違いラクライ』が欲しければ “巣” へ行くしかないということだ。

2019年9月9日現在、東京で「ラクライの巣」となっているのが、世田谷区の「駒沢オリンピック公園」である。つい先日実装された「ニョロモ」も駒沢オリンピック公園が巣になっていたから、都内在住のトレーナーにはお馴染みのスポットなのかもしれない。


さて──。


お兄さんが駒沢オリンピック公園に到着したのは土曜日の22時半頃。日中はどうしてもポケ活ができなかったため、苦渋の決断で駒沢オリンピック公園に足を踏み入れた。まあまあ眠いし、あたり前だが疲れる。だが俺はどうしても色違いラクライが欲しいんや! やるしかないんや!!

・いざ勝負

実はお兄さんは「駒沢オリンピック公園」には初めて来たのだが、マップを見た瞬間、こう思わずにいられなかった。


広すぎィィィイイイイイイイ!


体感的に、日比谷公園の10倍はあるだろうか? いや、もっと大きいかもしれない。ポケストップやジムはそこそこあるが、あまりにも広すぎるため密度は決して濃くない。それでもやるしかないねん……! 始発まで全力でやったるゾォォォオオオオオ!!

だだっ広い駒沢オリンピック公園であるが、お兄さんは序盤で運良く知り合いのフレンドさんと遭遇し、効率の良いルートを教えてもらった。具体的には「駒沢公園西口」から「駒沢陸上競技場」を往復するのがいいだろう。事実、約6時間で170匹のラクライを捕まえた。ただし……


色違いが1匹も出ねぇぇえええええ!


結果から言えば、爆死。ついでに狙っていたグライガーも46匹捕まえてNO色違いだったから、大爆死と言って差し支えないハズだ。成果と言えば、歩きまくったおかげでタマゴがガンガン割れ、ほしのすなが増えていたことくらいだろうか? 圧倒的な完敗である。

・大爆死したでござる

ただし、夜が明けるまで主要なポケストップにはほぼモジュールが炊かれていたし、夜を徹してプレイするトレーナーもかなり多かったように思う。自動車も走っていないので、ポケ活自体はしやすい環境であった(個人的には喫煙所が見つからなくて積んだけど)。

なので、どうしても『色違いラクライ』が欲しいトレーナーには迷うことなく「駒沢オリンピック公園がいいんじゃない?」とオススメできる。6時間で170匹ということは、時給にして30匹弱。おそらく都内でこれほど効率よくラクライが出現する巣は他にないハズだ。

というわけで、お兄さんは大爆死となってしまったが、駒沢オリンピック公園自体がラクライの巣であり、色違いラクライをゲットする近道であることは間違いない。「そもそもラクライが出ねえ!」という人は参考にしてみてはいかがだろうか? それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト駒沢オリンピック公園
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

▼最新情報はTwitterをチェックしてくれよな!