人は何故、ぷるぷるしたものに惹かれるのだろうか。近ごろ流行りのタピオカをはじめ、プリンしかり、わらび餅しかりである。そしてまた、新たなぷるぷるがひとつ、この世に産み落とされた。その名は『葛もちサイダー』だ。

名前の通り、葛もちとサイダーを使った商品とのこと。さっそく飲んでみたが、ありそうでなかった食感だったことをお伝えしたい。 “ぷるぷる” と “つるつる” の合間の、なんとも言えない心地よさだ。タピオカの次にブームが来る……かもしれないポテンシャルを秘めていたぞ。

・味は3種類でテイクアウト専用

『葛もちサイダー(税込500円)』を販売しているのは、奈良にある葛専門店の「井上天極堂」。奈良本店とJR奈良駅店でのみ販売している。味はレモン、カムカム、ミックスベリーの3種類。テイクアウト専用なので、ドリンク片手に奈良の街をぶらつくのにピッタリである。

店員さんによると一番人気はレモン味らしいが、記者は色味に惹かれてカムカムを注文。ちなみにカムカムとは、レモンよりもはるかに多くのビタミンCを含んだ果物らしい。運ばれてきた葛もちサイダーは、鮮やかな朱色でとっても奇麗。タピオカに負けず劣らず写真映えもしそうだ。

・意外となかった新しいドリンク

さっそくストローで吸ってみると、 “つるっ” とした葛が口に飛び込んでくる。噛むと程良く “もちっ” とした弾力で、舌触りは “ぷるっ” としている。ナタデココとタピオカの中間くらいをイメージしてほしい。さすがは吉野の本葛を使用しているだけあって、ほかにはない絶妙な歯ごたえだ。

葛自体には味が付いていないので、カムカムの甘酸っぱさを邪魔することがない。レモンも入っており、のど越しは爽やかで後味もスッキリ。リフレッシュしたい時に良さそうだ。葛だけを食べることはあっても、ドリンクにインして飲むという発想は意外と新しいのではないか。アリだな。

気が付けば飲み干していたが、葛の効果かお腹にもたまって満足である。小腹が空いた時にも良いかもしれないな。葛にこのような使い方があったとは、盲点だ。奈良の名産である葛を気軽に楽しむことができる『葛もちサイダー』、奈良にお越しの際はお試しあれ。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 井上天極堂 JR奈良駅
住所 奈良県奈良市三条本町1-1
時間 10:00〜21:00(L/O19:30)

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼葛もちサイダー。食感とのど越しが良い

▼葛もちがたっぷり入っている

▼美味しい~!