いい加減にしろと言いたい。誰に対してか? 運の神様に対してだ。もうそろそろ当たってもいいだろロト6! チョイチョイと1000円くらいは当たっているが、そろそろ「億」をヨロシクなのである。

だが、正攻法で買い続けていても当たらない気がしてきた今日このごろ。よく「夢で見た数字を買ったらロトで○億当たった」なんて話を聞くし、突破口は無心で見る「夢」と見た。そうと決まれば、さっそく実践! まずは……

ロト6の数字を反転させてプリントした「アイロンプリントペーパー」と、無地の「まくらカバー」を用意して……

チョキチョキ切って、配置をし……

アイロンで転写して……

はがして……

まくらを入れたら……

「ロト6まくら」の完成だ!!٩( ‘ω’ )و


さてさて、こちらの「ロト6まくら」、どのような効果があるのかというと──


数字のパワーを後頭部でガッチリと受け止め、徐々に脳内に「数字の意識」が浸透……。そして夢の中でロト6のことを思い出し、近い未来の当選結果を確認。あとは起床した直後、忘れないうちにその数字をメモれば億万長者に……!!


──と私が勝手に決めてみたが、私はその効力を信じている。

ベッド脇にメモ帳を用意して……

「ロト6まくら」に後頭部を預け……

おやすみなさい……。


──そして翌朝──


起きた!


が!!


正直、「ロト6の夢」は見なかった……!! しかし、朦朧(もうろう)とした意識の中、つまるところトランス状態になっている最中……

メモった……!!


その数字とは……


「4」「5」「13」「19」「28」「40」

これは完全に「無心」の状態で、心の底……いいや、天から降りてきた6つの数字といっても差し支えない。冷静に考えてみると「ロト6まくら」は何の役にも立っていないのだが、数字がスラスラ出てきただけでも大成功だ。

ちなみに、数字をメモった直後、ついでに夢の内容もメモっておいたが……

読めない。

しかし、私は覚えている。どんな夢だったのかを完結にまとめるならば、


隅田川みたいな場所で釣り竿を垂らしているとタコが釣れた! ……が、すぐ近くにお坊さんがいて、「お坊さんの近くでタコの話をするのはご法度」という意味不明な常識が浸透している世界だったため、釣れたタコはそのままリリース。その後、私は旅に出て、海外バイクの輸入業を始めるが……。


──てな感じで、まったくもってロト6とは関係ないストーリーだった。

それはどうでもいいとして、その後、私はすぐに「4」「5」「13」「19」「28」「40」の数字で、2018年9月6日(木)に抽選される第1310回ロト6を購入した。あとは抽選結果を待つのみである。


そして夜……



当選確認アプリで……



抽選結果を……



確認すると……



なんと……!!













<完>

Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

▼このように夢メモをつけました

View this post on Instagram

夢日記つけてみました。

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on