都心で働くスシロー大好きっ子の諸君……待たせたな? ついにスシローが秋葉原にオープンしたゾォォォオオオ! しかもメチャメチャ駅近だぞォォォオオオ!! ヒャッハー!

ここ数年は上野、荻窪、五反田、高田馬場……などなど、続々と都心に出店しているスシローだが、秋葉原は過去の都心型店舗とは意味合いが違う。いよいよ東京制圧に大手をかけつつある、と言っても過言ではないハズだ。

・数少ない都市型店舗

そもそもスシローは、そのほとんどが郊外型店舗である。車を駐車場に止めて寿司を食べるのがスタンダードなスシロースタイルで、500以上の店舗でも都市型は極めて少ない。

そういう意味で都心部ではスシローの恩恵にあずかりにくく、ネットなどで「スシローのポテトが美味しいらしい」などと聞いても、実際に足を運ぶまでのハードルは高かった。そんな中、数年前から南池袋や上野に展開し始めたのが都市型店舗「SUSHIRO」である。

「スシロー」と「SUSHIRO」──。何がどれだけ違うのかと言えば、ネタやメニューはほぼ一緒で大きく違うのは価格設定だ。スシローで1枚100円の皿がSUSHIROでは120円などと、少々割高になっている。とはいえ、それでもスシローのコスパは圧倒的だ。

・東京のど真ん中にオープン

さて、2019年11月20日にオープンした「SUSHIRO秋葉原駅前店」だが、既存の都心型店舗と比べてもその意味合いは大きく違う。これまでは都心型店舗と言いつつも、荻窪や五反田などやや都心部から外れたエリアに位置していたスシローが、正真正銘のド都心部に進出を果たしたからだ。

これは東京の秘孔を突いたも同然で、あとは新宿、渋谷あたりを押さえれば、スシローは東京制圧を果たすといっても過言ではあるまい。それくらい秋葉原進出は大きな一手である。ライバルの「くら寿司」「はま寿司」「かっぱ寿司」に大きく差をつけることになるだろう。

その秋葉原駅前店は、JR秋葉原駅の南口を出て徒歩1分ほどのところにあり、立地的にも文句のつけようがない。まだオープンして間もないせいか、記者が訪れたときは平日のランチタイムでありながらも、待つことなく着席できた。ただし、これもおそらく今だけ。特に週末は予約が必須になるハズだ。

味やメニューは完全にスシロークオリティで、多くの人が想像するスシロー以上でもなければ以下でもない。ザ・スシローであった。様々な路線が乗り入れする秋葉原だけに、ここでスシローデビューを果たす人も意外と多そうだ。

とにもかくにも、秋葉原にスシローが誕生したことは都心部のスシロー大好きっ子たちにとって朗報以外の何物でもない。次にスシローが新宿か渋谷に進出したときは、東京制圧の大手と見ていいだろう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 SUSHIRO 秋葉原駅前店
住所 東京都千代田区外神田1-18-19 BiTO AKIBAビル B1F
時間 月~金11:00~23:00 / 土日祝10:30~23:00
休日 無休

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

これからスシローデビューする人は、この記事をチェックしてくれ!

▼個人的なオススメはフライドポテトと生ハムだ。絶対に食え。

▼スイーツもお忘れなく!