就職困難な中国・北京の数学専攻の大学生15人が大手ネットオークションサイト Taobao.com に自らを出品するという騒動があった。彼らは自分自身の写真、履歴書も同時に掲載、最低落札価格は月給にして約28000円から約42000円だった。

世界的な不況から中国でも大学生の就職困難が社会的に問題となってきており、去年、150万人が就職できない状況となっていた。(2007年から50万人も増えている) なお、運営サイドは個人情報保護を理由に3日間出品をストップしたが就職難を配慮に特別の許可が下りオークションは再開した。

一方で、オークションを利用した就職活動は学生の情報を利用する悪徳仲介事業者も現れるとして専門家は警告している。

■参考リンク
中国サッカー、厳しい!一部物納も