フィギュア史上もっとも不快な商品「いきむ犬」に新モデルが登場! 舌を出して踏ん張っている姿が結構カワイイッ!!

皆さん、覚えているだろうか? 2014年に第78回東京インターナショナル・ギフト・ショーで登場した驚きのフィギュアを。フィギュア史上もっとも不快といっても過言ではない代物、「Straining Dog」。日本語でいうと、「いきむ犬」だ。犬が踏ん張ってウ○コする様を形作った、この世で一番おバカなフィギュアである。

なんと、そのいきむ犬に、新モデルが登場していた! 新モデルの「Bat ear」が2016年4月20日から発売開始となった。またおかしな感じの商品なんじゃないかと思い、販売サイトを見てみると……。お! これは結構カワイイんだけど。気のせい? ちょっと欲しいかも!

続きを全部読む