「SNS」にまつわる記事

提供:小学館

『大辞泉』の語釈募集が面白い! 「SNS」に関する投稿がネガティブすぎて笑った

「言葉の定義」について考えたことがあるだろうか。特定の言葉の正しい定義のことではなく、自分の経験から編み出した自分なりの定義である。たとえば「仕事」の定義は、ある人にとって「やりがい」かもしれない。別の人には「かったるい」かもしれない。

・大辞泉が語釈募集

そんな言葉の定義、いわゆる「語釈」を小学館の国語辞典『大辞泉』がネット上で募集している。募っている言葉は次の8つだ。「愛」、「自由」、「大人」、「失敗」、「カワイイ」、「友だち」、「萌え」、「SNS」。すでに4000件以上の投稿が行われているのだが、取り分け「SNS」の語釈が目につく。というのもやたらネガティブな内容が多いのである。

続きを全部読む

あなたのSNS投稿は周りの人に「ゴミ」と思われているかもしれない! 英国の習慣に関する調査で明らかに

FacebookやTwitter、LINEなどをよく利用している人なら、一度は感じたことがあるはず。人の投稿を見て、「つまんねーーーッ!!」と思ったことはないだろうか。「何が言いたいんだコイツ? つまんねーーーッ!!」と思ったこと。

・ほかの人に「クソつまんねえ!」と思われてるかも

イギリスで行われた調査によると、ユーザーの10人中4人が友人や家族の投稿内容に、「意味のないゴミ」を投稿するのをやめて欲しいと思っているという。やっぱどこでも「コイツの投稿、つまんねーーーッ!!」と思っている人がいるようである。あなたの投稿も「クソつまんねーーーッ!!」と思われてるかもしれないぞ。

続きを全部読む

Facebookの「友達」の90%は本当の友達ではないという調査結果 / 削除しない理由「近況をのぞきたいだけ」「削除した後が怖い」

友達と交流をするために Facebook を活用している人も多いだろう。だが、「友達」のなかには頻繁にコメントをつけあう仲の人もいれば、互いに何もアクションを起こさない関係の人もいるのではないだろうか?

そんなFacebook の人間関係に関する興味深い調査結果が発表された。イギリスで行われた調査によると、「友達リスト」の90%は「本当の友達」ではないということが判明! 

では、なぜ本当の友達でない人を、友達リストから削除しないのかというと……「近況をのぞきたいからキープしているだけ」、「削除したあとが怖い」などなど! 何とも世知辛い結果が出たというのである。

続きを全部読む

アメリカ人は「週に23時間ネット上の交流」に費やしていることが判明

ある調査によると、日本人は週に平均49時間、アメリカ人は週に平均40時間、ネットを利用しているという。だが、ひとくちに「ネットを利用」といっても、どのように使っているのかは人それぞれだ。ニュースサイトや動画サイトを見ている人もいるだろうし、買い物に使っている人、オークションや株取引に使っている人もいるだろう。

しかし、おそらくネット利用者のほぼ全員がやっていることといえば、Eメールや SNS を使っての「ネット上の交流」であろう。はたして、どのくらいの時間をネット交流に費やしているのだろうか? ということで今回は、アメリカにおける調査結果をお伝えしたい。

続きを全部読む

【ビール好き男性注目】浮気をこのむ男性が好きなビール銘柄はこれだ! 上位5つを発表

イギリスのとあるソーシャルネットワーキングサービス(以下、SNS)が、非常に興味深い調査結果を発表した。そのSNSは、英国最大の既婚者向け出会い系サイトである。既婚者向けとはつまり……、浮気専門のSNSということになる。

・浮気好き男性の好むビールは?
SNS「Illicit Encounters」が男性会員に対して好きなビールを尋ねたところ、次のような結果となった。浮気を好む男性の好きなビールとは、どの銘柄なのだろうか?

続きを全部読む

成功にSNSは必要なし!?  米国トップ企業CEOの大半がSNSを使っていないことが判明

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は、友人との交流だけでなくビジネスシーンでも利用されることが多い。個人でアカウントを持っている企業家もおり、たとえば、ソフトバンクモバイルの孫正義社長や、楽天の三木谷浩史社長のTwitter は、投稿から人柄も垣間見ることができ何かと注目されている。

しかし、米国トップ企業の CEO にとっては少し状況が違うらしい。「成功者」の代名詞でもある彼らは、SNS をほとんど使っていないようなのだ。意外と知られていなかったCEO たちのSNS 利用状況が判明し話題となっている。

続きを全部読む

【衝撃研究結果】10人に1人が公共の場で見知らぬイケメンや美人を隠し撮りしている

携帯電話やスマホにカメラがついているおかげで、気軽に写真が撮れるようになったが、街で見かけた好みの異性を隠し撮りしたことがある人はいるだろうか? なななな、なんと! あるアンケート調査により、「10人に1人が異性を隠し撮りしている」という恐ろしい事実が判明したのだ!

続きを全部読む

SNSは記憶のリマインダー!? 研究者「Facebookなどにより失恋がより乗り越えにくいものになっている」

失恋をしたとき、相手のことをなかなか忘れられずに辛い想いを引きずってしまうという方、もしかしたら日頃からFacebookにどっぷりハマっていないだろうか。最新の調査によると、FacebookなどのSNSが忘れたいことを忘れさせず、失恋をより乗り越えにくいものにしているという。

続きを全部読む

Facebookの「友達削除」は慎重に! 半数近くの人が削除した相手を避けるようになるという調査結果

Facebook上の「友達」との関係に問題が起きてしまったため、相手を友達リストから削除したいと思ったことがある人は少なくないだろう。しかし、「友達削除」はくれぐれも慎重に行った方が良さそうだ。

最新の調査によると、Facebookで「友達削除」をされた場合、40パーセントの人が現実の世界で削除した相手を避けるようになるという。Facebook上のつながりは現実世界の人間関係にももろに影響を与えるのだ。

続きを全部読む

あなたは大丈夫? Facebookユーザーの3人に1人はサイト閲覧後に嫉妬心や孤独感を感じていた

突然だが、Facebookユーザーのみなさんに質問。「Facebook利用後、あなたはその時のやりとりや内容にどれほど影響を受けていると感じますか?」

ドイツで行われたある調査によると、なんとユーザーの3人に1人がFacebook閲覧前よりも後に気分が沈み、嫉妬心や孤独感を抱いていることが明らかになったそうだ。3分の1もの人が必ずしも利用する必要のないSNSに参加して、日々閲覧するたびにネガティブな気持ちになっているというのである。

続きを全部読む

大学研究チーム「友人とのコミュニケーションに Facebook を使う人は太りやすい」「さらにクレカ負債も多い傾向にある」

親しい仲間とやりとりをする手段として Facebook を使っている人、けっこういるのではないだろうか? コメント欄でのやりとりやチャットなど、便利なツールがそろっているが魅力的だし、カンタンに意思伝達ができるので便利だ。

しかし、便利さの一方で負の影響が指摘されている。「親しい友人とのやりとりに Facebook を使っていると太ってしまう」という研究結果だ。座りっぱなしで Facebook を使うことが原因なのではない。自己管理能力が下がってしまうことが原因だという。

続きを全部読む

最近放送されたとある深夜番組で、東京・新宿二丁目について取り上げられました。二丁目といえば、同性愛者のお店が多く軒を連ねる界隈です。そのなかで、番組出演者らが「ゲイの見分け方」として、Twitterのプロフィールについて触れていました。なんでも、プロフィールに身長・体重・スリーサイズを表記していると、「怪しい」というのですが、はたして本当なのでしょうか?

この内容は、出演者の発言によるものです。他の出演者も彼の発言に納得し、「怪しい」と同意していました。やはりTwitterプロフィールに、身長・体重・スリーサイズを掲載している人はゲイということなのでしょうか?

続きを全部読む

あなたの悩みを解消する仲間限定SNS! 仲間と本音が語り合えるiPhoneアプリ「MakaMaka」が登場!!

突然だが、TwitterやFacebookでコメントを投稿したり、自分の写真をアップしたりする際、周りの反応を気にし過ぎて、その投稿をやめたことはないだろうか? 不特定多数の人がアクセスできるソーシャルネットワーキングサービス(通称SNS)を使っている以上、自分の投稿に気を遣うことは当然といえば、当然のことである。

しかし「もっと気楽にコメントや写真を投稿したい!」、「仲間とSNS上で本音を語り合いたい!」と願ったことは誰しも一度はあるだろう。そんなあなたの望みを叶えるiPhoneアプリがこの度、登場した。

そのアプリの名前は「MakaMaka」! 「MakaMaka」とはハワイ語で「仲間」を意味する言葉で、その名の通りこのアプリは、仲間と気楽に本音が語れるSNSサービスを提供してくれる。

続きを全部読む

【お得ワザ】スマホアプリを使ってサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」1缶を友達に無料でプレゼントする方法

お疲れ一杯。おめでとうの一杯。時として人は、心許せる友人にビールの一杯でもプレゼントしたくなるものだ。いや、「おめでとう」の時は一杯とは言わずドカンと箱ごと贈りたい。そんな時に役立つのが、サントリーのスマホアプリ「KOTOBUKI」(コトブキ)である。

どんなアプリなのかというと……友達の誕生日や記念日に通称プレモルこと「ザ・プレミアム・モルツ」を気軽にプレゼントできるのだ。しかも今なら抽選で2万人にプレモル1缶を無料で贈れるキャンペーンを実施中! 相手の住所を知らなくてもOKだ。

ただしいろいろ条件がある。手っ取り早くプレモルを無料でゲットする方法は以下のとおりだ!

続きを全部読む

あなたは大丈夫? 現在世の中に蔓延しているSNS中毒の10の症状

FacebookやTwitterが普及している現在、SNSが日々の行動習慣に与える影響は絶大だ。スマホを常にチェックしなければ気が済まないなど、SNSの「中毒」になっていないだろうか? 厄介なことに、SNSの中毒になっていてもそれに気づかない場合もある。なぜなら、その症状は色んな形になって表れるからだ。

現在アメリカのマーケティング会社Marketoが作成したインフォグラフィックが話題になっている。それはソーシャルメディア中毒の典型的な10の症状をまとめたもの。思い当たる症状がないかどうか、ぜひ確認してみてほしい!

続きを全部読む

facebookの「いいね!」の数がリアルタイムで反映されるハンガーが登場! 今後の普及なるか?

facebookユーザーなら誰しもクリックした経験があるであろう、「いいね!」ボタン。オンラインで見つけた記事や動画さらには商品など、気に入った瞬間自身の支持を示すことのできるこのボタンの総クリック数は、ある意味その対象に対する評価であり、人気の証明でもあります。

今回紹介するのは、海外サイト『springwise.com』に掲載されていた、「いいね!」ボタンのクリック数がリアルタイムで反映されるハンガー。ブラジルのアパレル店『C&A』が始めたこちらのサービスは、まさに今の時代に沿った宣伝活動といえるでしょう。

続きを全部読む

【K-POP】 人気アイドルがTwitterで入手困難ゲームをファンにおねだり 「常識がなさすぎる」と批判相次ぐ

ファンとの交流手段のひとつとして、多くのK-POPアイドルも利用しているTwitterだが、この利用方法をめぐり、韓国で物議を醸している。

アイドル本人の思いをストレートに届け、またファンの応援メッセージを直接受信することができるツールとして、今や欠かせないものとなったTwitter。しかし、これを利用してアイドルがファンにプレゼントを要求するような文章を掲載したとして、問題視されているのだ。

続きを全部読む

低収入&低学歴である人ほどハマってしまう!?  数字で見るFacebookユーザーあれこれ

世界最大のSNSとなったFacebook。ユーザーのみなさんは、普段どれくらいの頻度で利用していますか? 一日に何度もチェックしてしまうほど無意識のうちにハマり過ぎていませんか?

最新の研究では、ユーザーの多くが「Facebook中毒」になっている実態が明らかになりました。しかも収入や教育レベルの低い人ほどハマりやすい傾向があるというのです。

続きを全部読む

ユーザーのアクティビティが一目でわかる! 基本無料のクラウドサービス『SkyDesk』がさらに便利になった

会社や組織の情報共有に役立つクラウドサービス『SkyDesk』(基本無料)が、さらに進化しました。これまでiPhoneやiPadでしか使用できなかった、メンバーの動向確認や一言投稿する機能が、ウェブアプリでも使用可能になったのです。つまり、Android 端末でも利用できるようになりました。

これでメンバー間のコミュニケーションがより円滑になること間違いなしです。本当に無料でいいのかな? と心配になってしまうほど充実した機能にビックリ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11