「ユニコーンに会いたい白血病の少女」の夢を叶えたボランティア団体のストーリーが感動的! 子供時代の純真さを忘れたくないあなたへ

子供のころ、サンタクロースと会いたくて、一度は夜更かしをがんばった経験があるのではないだろうか? この世に存在しないものを信じて遭遇することを願う気持ちは、子供ならではの純真さだろう。その中でも、特に難病と闘う子供たちの願いを叶えたいと設立されたのが、ボランディア団体「Make-a-Wish(願いを叶える)」だ。

そんな彼らが、ユニコーンに会いたいと夢見る闘病中の少女のために打ったお芝居が、美しく感動的だと話題となっているので紹介したい。大人になったら失ってしまう、かつて持っていた純真さに心を馳せながら読んで頂けたらと思う。

続きを全部読む