「IQOS」にまつわる記事

【100均検証】輪ゴムiQOSユーザー必見! アイコス本体のフタが壊れている同僚を100円の「ロック機能付きハードケース」で笑顔にした話

私はもう禁煙に大成功してしまったので喫煙グッズに興味ないのだが、先日ダイソーをパトロールしていた際、看過できない喫煙グッズを発見してしまった。その名も「iLock Plus ロック機能付きハードケース」。

何用なのかは、形状を見ればすぐにわかる。アイコス(iQOS)用だ。アイコス用のケースなんて特に珍しくもないのだが、今回のは一味違う。なんとこれ……「本体のフタが壊れていても閉められる」らしいのだ!

続きを全部読む

【たばこニュース】突然アイコスの新モデル「デュオ(iQOS3 DUO)」発売開始! ホルダー満充電で連続2本吸えるぞ~ッ!!

加熱式たばこ市場は、ここのところグロー(glo)が存在感を強めている。2019年8月に低温加熱式の「センス(sens)」を発売開始した直後、9月3日の記者発表会で「プロ(pro)」と「ナノ(nano)」の発売を発表した。

今年に入って、ライバルのプルームテック(ploomTECH)は、「プラス(+)」と「エス(S)」の発売を開始。唯一沈黙を保っていたのがアイコス(iQOS)である。

そのアイコスが突然、9月25日に新モデル「アイコス3デュオ(iQOS 3 DUO)」の発売を開始した! 1回のホルダー充電で2本まで吸えるという。マジかよ! 吸う度に充電する手間が半分に減るぞッ!!

続きを全部読む

【検証】アイコスの「ヒートスティック」もプルームテックの「たばこカプセル」も両方吸える互換機を試してみた

「アイコス3」が発売開始されてから約半年が経った。やっとコンビニでも購入が可能になり、発売開始時は1万980円だったのが、現在『春割』キャンペーンで7980円で購入することができるようだ。そうしている間に、JTが「プルームテックプラス」と「プルームS」の販売を開始し、電気加熱式たばこ市場は、まさに “加熱” している。

そんななか、私(佐藤)はスゴイものを発見してしまった。都内某所のたばこ屋で、アイコスもプルームも吸える代物が販売されていたのである! マジかよ、両方を吸えるってどんな仕組みなんだッ!!

続きを全部読む

「佐藤記者とタバコを吸いたい」と問い合わせてきた人物が意外過ぎた件 / あるいは我がタバコ人生最良の日の出来事

ニコチンの離脱症状に苦しめられた過去のせいで、いまさら禁煙に挑むことのできない「彷徨えるニコチン野郎」とは、私(佐藤)のことだ。この禁煙の機運がアツく高まる世界情勢のなかで、その流れに背きつつも、せめて良識あるニコチン野郎でありたいと強く願っている。

さて、そんな私宛に1通のメールが届いた。その人物は、私の影響でタバコを吸うようになり、私と一緒に一服したいというのである……。正気なのか?

続きを全部読む

アイコスの掃除が楽になると思って「清潔マット」をAmazonで買ったら、想像していたのと全然違った……

アイコスの掃除は面倒くさい。ホルダーに溜まったカスを、専用の綿棒でチマチマ取るのは非常に面倒くさい! 何とかならないものかと思った私(佐藤)は、たばこ屋さんで見つけた「エアーブロークリーナー」という商品を購入した。だが、カスがそこら中に散らばり、かえって掃除の手間が増えること判明。使用を断念した……。

他に便利な掃除グッズはないものか、Amazonで調べてみたところ「アイコス清潔マット」という商品を発見。もしや! コレで掃除が楽になるのか? と思ったら、私が想像していたのとは全然違う代物だった……。

続きを全部読む

【検証】アイコスの掃除ができるという「エアーブロークリーナー」を試した結果…

ついにファミレス最大手の「すかいらーくホールディングス」も2019年9月までに、すべての店舗で店内全面禁煙の実施を決めた。もはや大手の飲食店ではたばこを吸えないのが当たり前になりつつある。喫煙に対する風当たりが強いなかで、アイコスの掃除に関する情報をお伝えしちゃうよ!

アイコスを使い始めて2年が経過した私(佐藤)は、こまめにホルダーの掃除を行っている。結構手間がかかるので、簡単にできないか? と思い、ある日たばこ屋さんに行ってみると、「エアーブロークリーナー」というモノを発見した。これ、もしかして便利なんじゃないの? と思って使ってみたところ、こ、これは……。

続きを全部読む

【検証】プルームSの吸い終えた「たばこスティック」はもう1回吸えるんじゃないか? 試したら衝撃の結果にッ!!

2019年1月29日から発売開始となった、JTの新しい喫煙デバイス「プルームテックプラス」と「プルームS」。プルームSは、ライバルの「アイコス」の同じように高温加熱式で、専用のたばこスティックを加熱して喫煙するモデルである。

1日使ってみたところ、あることを思いついてしまった。それは、1回喫煙したたばこスティックを、もう1回吸えるんじゃないのか? 論より証拠! 試せばわかる!! ということで、実際に挑戦したところ、驚きの結果にッ!

続きを全部読む

アイコスの格安ヒートスティック「HEETS」が本日(1/28)からアイコスストアで発売開始! コンビニは2/15から!!

お~い! 喫煙者のみんな~!! お待たせしました。たばこのニュースだよ~ッ!!!! 2019年1月28日、フィリップモリスジャパンは東京都内で製品戦略説明会を行った。

私(佐藤)は1月中旬の段階で、アイコスのヒートスティック廉価版「HEETS(ヒーツ)」の発売が2月になるとの情報を得ていた。そしてその情報通り、ヒーツは2月15日にコンビニを含む主要たばこ店で発売開始となる。それに先だって1月28日、つまり本日からアイコスストアで取り扱いがスタートした

続きを全部読む

【朗報】iQOSヒートスティックの廉価版「HEETS(ヒーツ)」、2月15日より全国発売開始!!

お~い! たばこ大好きなiQOS(アイコス)喫煙者の皆さん! 一部の地域でしか販売していないあの「HEETS(ヒーツ)」が、ついに全国で販売開始となることが判明したぞ! 増税以降、マルボロのヒートスティックは460円から500円に値上がりし、悲しい思いをしていたに違いない。

あと1カ月待てば、現在販売していない地域でも、470円のヒーツを購入することができるようになるぞ~! やったぜ~ッ!!

続きを全部読む

JTの次世代デバイス「プルームテック +」と「プルーム S」が発売開始間近か!?

加熱式たばこ市場は、「アイコス(IQOS)」の独走が続いている。2018年11月にアイコス3とアイコス3マルチの販売を開始して以降も、その状態は続いており、ライバルの「glo(グロー)」「Ploom TECH(プルームテック)」は何とか巻き返しを図りたいに違いない。

そんななか、ついにプルームテックの取り扱いを行っているJTが次の一手を明かした。2018年10月末にその存在が明らかになった新しいデバイス「プルームテック +」「プルーム S」を公式サイトで紹介しているのである。そして1月17日には新製品の発表会を行う予定だ。

続きを全部読む

アイコスの格安ヒートスティック「HEETS」(470円)を吸ってみた! 早く全国発売せんかいコラーーッ!!!!

アイコス(iQOS)愛用者の皆さんにお尋ねしたい。「HEETS」って知ってるか? 北海道・中四国・九州のみで販売している、正規のヒートスティックだ。販売価格は1箱470円である。500円の従来品より30円も安い。知っているか? フィリップ・モリス・ジャパンは、都市部を除くエリアで、こんなものを10月下旬から売ってたんだよ。

知らなかっただろ? 私(佐藤)も知らなかった。これが安いなりの商品なら仕方がないんだけど、吸ってみたら、「あこれでもええやん」ってなった。何で全国販売しとらんのや! さっさとどこでも買えるようにせんかい、フィリップ・モリス・ジャパン、コラーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

続きを全部読む

JTが新型「Ploom TECH+」と「Ploom S」を決算説明会資料で公表! 2019年に発売予定

加熱式たばこ市場は、フィリップモリスの「アイコス(IQOS)」が1人勝ちの様相を呈している。ライバル、ブリティッシュ・アメリカ・タバコの「グロー(glo)」と、JTの「プルームテック(Ploom TECH)」は、水をあけられた状態だ。

そんななか、JTは10月31日に行われた2018年度第3四半期決算説明会の資料で、新型モデルの存在を明らかにした。2019年3月に、「Ploom TECH+」と「Ploom S」の発売を予定しているとのこと。これで巻き返しを図れるのか!?

続きを全部読む

発表されたばかりの『IQOS3』が早くも「メルカリ」で転売されている! その販売価格がマジで鬼畜すぎッ!!

2018年10月23日、次世代の電気加熱式たばこ「アイコス(IQOS)3」と、「アイコス3マルチ(MULTI)」が発表された。従来のモデルの弱点を補った進化したモデルとして、11月15日より発売開始となる。

発表会に参加した報道陣には、発売前の検証用として2つのモデルが提供されている。当編集部ではすでに詳細な検証を行ったのだが……。なんとこの2つのモデルをフリマアプリ「メルカリ」で出品している不届き者がいるじゃないか! その販売価格が鬼畜すぎるッ!!

続きを全部読む

『IQOS3』と『IQOS2.4 Plus』を徹底比較! すべてが新しくなって従来品との互換はほぼゼロと判明!!

日本の電気加熱式たばこでトップのシェアを誇るフィリップ・モリス・ジャパンのアイコス(IQOS)は、2018年10月23日に次期モデルを2つも発表した。以前の記事でお伝えした「アイコス3」と「アイコス3マルチ」だ。

新型デバイスは従来のモデルと比べて、どこがどう進化したのか? もしかして、従来のホルダや充電用のクレードルは使えるの? 気になって2つのモデルを確認してみたところ……、互換性はほぼゼロ。使えるのはアレだけだった……

続きを全部読む

ついに iQOSの次世代モデル『iQOS3』と『iQOS3 MULTI』の発表キターー!! 発売は11月15日だぞ~ッ!

壊れたiOQS(アイコス)を騙し騙し使っていた、喫煙者の皆さんに朗報だ! ついにアイコスの次世代モデルが発表されたぞ~! その名も「アイコス3」。それだけではなく、待ち望まれていた連続喫煙可能なモデル『アイコス3 マルチ(MULTI)』も登場だ。

発売開始は全国9店舗のアイコスストアと、オンラインストアで2018年11月15日から! これまでのモデルの弱点を補いなおかつ進化したモデル。これですぐにぶっ壊れるアイコスとオサラバだッ!!

続きを全部読む

2本のホルダーを同時に充電してチェーンスモークできるiQOS互換機「iSOMD2」を使ってみた!

2018年10月1日からタバコの値上げが始まった。ついに主要銘柄は500円台に突入! 加熱式たばこの銘柄も横並びで値上げ! でもそんなの関係ねえッ!! ハイ、オッパッピー! ということで、iQOS(アイコス)のヒートスティックが吸える互換機を紹介しちゃうよッ!

アイコスユーザーなら、ホルダーを持て余しているかもしれない。2本同時に充電できればなァ……と考える人もいるだろう。そんな “夢” をちょっと想像とは違う形で再現してくれる互換機を発見した! この製品「iSOMD2」は2本のホルダー(ロッド)を同時に充電できて、チェーンスモーク可能だ! ただし、あくまでもアイコス互換機で、アイコス純正のホルダーは充電できないのであしからず

続きを全部読む

【悲報】加熱式タバコ『glo(グロー)』も値上げへ / 加熱式タバコは「アイコス」「プルームテック」も含め全て値上げが確定

2018年10月1日から「たばこ税」が増税される。それに伴い大手タバコメーカー「JT」や「フィリップモリスジャパン」は各種銘柄の値上げ幅を発表してきたが、8月30日、ケントなどを擁する「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン」もタバコの値上げを発表した。

注目は人気の加熱式タバコ「グロー」の各種銘柄も値上げに踏み切ったこと。これにより「アイコス(iQOS)」「プルームテック」を含めた3大加熱式タバコ全ての値上げが確定したことになる。薄々気付いていたとはいえ……これは悲報だ。

続きを全部読む

iQOS互換機の先駆け『iBuddy』が進化して「iS」「Se」の2タイプ登場! ついにバイブ機能・温度調節機能を搭載ッ!!

2018年10月1日、たばこは増税によりまた値上がり。ついに多くの銘柄が500円台に突入することになるだろう。そんななか、iQOSの互換デバイスの先駆けとして登場した「iBuddy」が進化した!

8月30日より発売開始となったのは、「iS」と「Se」の2タイプ。まるでスマホの名前みたいな新デバイスを実際に使ってみたぞ! これはマジで本家iQOS、使う必要ないんじゃね?

続きを全部読む

【100均検証】アイコスのフタがバカになって輪ゴムを巻いている人におくる「100円グッズで壊れたアイコスチャージャーを直す方法」

今回の100均検証は、かなり限られた人に向けての内容となっている。スマン! どんな人向けの記事かというと……「アイコスのフタがバカになって輪ゴムを巻いている人」である。具体的にはチャージャーのツメが壊れてしまった人、だ。

というのも、私のアイコス(のチャージャー)も数カ月前に壊れた。正直「ふざけんな」と言いたいところだが、輪ゴムを巻いてシノいでいた……が! もっと良い方法を思いついてしまったのだ。しかもコストは……100円である。

続きを全部読む

【究極】最強のアイコス互換デバイスはコレだ! Lightningケーブルで充電できる「C-tec HEAT」が万能すぎる!!

2018年10月1日、フィリップモリスジャパンは紙巻たばこ86銘柄を最大50円値上げすると発表した。電気加熱式たばこも値上げするとの見込みがある。そして東京都は、受動喫煙防止条例の一環で、飲食店での喫煙を条件付きで制限する方針だ。

それでも、新しい加熱式たばこを紹介したいと思う! なぜなら、今回紹介する製品が画期的だからであるッ!! この「C-tec HEAT」は今までの製品になかった大きな特徴を持っている。それは、Lightningケーブルで充電できてしまうのだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4