「Google翻訳」にまつわる記事

【盲点】最高にエレガントなウンコは「みんなのすぐ近く」にあった / Google翻訳を使ったメンタルライフハック

ほら、足元を見てごらん。そこに超エレガントなウンコが転がっているよ。あまりにも身近にあるから、キミは気づいてないかもね。まさかこんなところに……って思っても不思議ではないけれど、ほらほら! 見てごらん。

いや、正確に言うと「見てごらん」ではなくて、「聞いてごらん」だね。失礼失礼。きちんと言おう。Google翻訳の英語音声で「ウンコ」と発音させて、聞いてごらん。「ウンコ」という声がキミの鼓膜を震わせるたびに、心も震えちゃうよ♪

続きを全部読む

【視聴注意】Google翻訳の音声を使って制作された楽曲動画 / 中毒性がヤバすぎて脳内でエンドレスリピートされるユーザーが続出

様々なサービスを展開しているGoogleだが、その中の1つに翻訳ツールがある。とても便利なので、頻繁に利用する人も多いのではないだろうか。

ちなみにGoogle翻訳には入力した文章を読み上げる機能がある。英語で文章を作成して、日本語として読み上げを行うと独特なイントネーションで再生されるのだが、なんとその音声を利用して作られた曲があるのだ

楽曲はインドネシアの作曲家であるheiakimさんによって、自身のYouTubeチャンネルに「Full Version of Hotto Dogu song ft. Google Translate」というタイトルで投稿されている。魔訶不思議な中毒性があるので、聞く際には十分に注意してほしい。

続きを全部読む

【爆笑】慣用句やことわざを「Google翻訳」するとヤバイ! 『武士は食わねど高楊枝』の結果が予想の斜め上すぎたッ!!

何かと便利なGoogle翻訳。ちょっとした単語を入力すれば、即座に別の言語に訳してくれる。アプリを使えば、話しかけてもOKカメラで文字を読み取ってもOK。海外旅行の時にも、そもそも役立つ便利なアプリである。

しかし日本語の慣用句やことわざになると、なかなか思うように訳してくれない。なかには、トンでもない結果を表示してしまうこともある。逆に面白いので、ぜひ試して欲しい。「武士は食わねど高楊枝」なんか最高だ!

続きを全部読む

【最先端技術まんが】スマホアプリ「Google翻訳」さんが我々に言いたかったこと

続きを全部読む

【動画】スマホをかざすだけで翻訳できる「Word Lens」が日本語対応に! 機能を訴求したOKAMOTO’SのPR動画がカッコイイ!!

すでにネット上で話題になっているのだが、iOS、Android版のGoogle翻訳アプリがアップデートされ、「Word Lens」が日本語対応となった。Word Lens とは、スマホのカメラをかざすと自動でテキストを検出し、翻訳してくれる機能。今回のアップデートで、英語ー日本語間でのカメラ翻訳が可能となったのだ。

ついに日本語対応となったWord Lens。その機能に多くの人が驚くと同時に、微妙な誤訳までネタにして楽しんでいる状況だ。Google Japan Blogでは、公式のリリースの発表を行うと共に、ロックバンド「OKAMOTO’S」のPR動画を紹介している。その映像がカッコイイ!

続きを全部読む

【カメラで超訳】なんとなく読めた! 初めてのソウル旅行がGoogle翻訳でほぼ無敵状態に! Byクーロン黒沢

海外旅行中、グーグル翻訳のお世話になる人は多いと思うけど、文字や音声だけでなく、写真も翻訳できるのはご存知だろうか?

文字が読めない国で非常に重宝する画像翻訳機能。知ってる人も使う機会はあまりないと思うが、実はこれ、便利はともかく、後からじわじわくる面白さが実にヤバイ。

この不思議な感覚をまだ実感したことのない方に、是非とも感動をおすそ分けしたく、わざわざソウルまで行って張り切ってみたよ!

続きを全部読む

【超ライフハック】ディスコメントをGoogle翻訳にかけるとハッピーな感じになる

インターネットやスマートフォン、SNSの発達により誰でも気軽に情報を発信できる現代。常識からマニアックな知識までも検索しやすいネットは、もはや我々の生活の一部となっている。だが、光があるところには影も生まれる。その影の1つがネットディスだ。

匿名であること、顔が見えないことで激しさを増す誹謗中傷。それを苦に自殺する人までいる世の中である。この状況をなんとかしたい。インターネットで苦しむことをなくせないものか……。

そこで、ロケットニュース24に寄せられたディスコメントをGoogle翻訳にかけてみたところ、ハッピーな感じになったのでお伝えしよう! ディスでヘコんでた人の笑顔も取り戻すことができたぞ!!

続きを全部読む

【素敵やん】スペイン語しか話せない孤独な転校生に「Google翻訳した手紙」を渡したアメリカ人少女 / 仲良しになった二人の友情に超感動!!

転校生は、新しい環境になれるだけでも必死なのに、ましてや、その国の言葉が話せなかったら、想像を絶するような大変さを味わうのではないだろうか。

まさに、そんな経験をしたスペイン語しか話せない少年に、「ネット翻訳した手紙」を渡したアメリカ人少女が素敵だとネットで話題になっている。すっかり仲良しになった二人の友情が、なんとも美しいのである!!

続きを全部読む

ケニアのSMAPをGoogle日本語翻訳すると超たのしい

ケニアのSMAPといえば、ご存じ「The Standards and Market Access Programme」、直訳すれば “市場アクセス標準計画” のことである。ざっくり言えば、食品インフラの法的取り組みを強化する事を目指す計画のことだ。

食品インフラが整えば、セロリ$10Hey Hey おおきに毎度ありとなり、豊かな大地にKANSHAしてありがとう。結果、マサイのみんなもオリジナル スマイルだ。さて、そんなケニアのSMAPを、かの有名なGoogle日本語翻訳にカマしてみると、大変Peace! な感じになったのでご報告しておきたい。胸さわぎを頼むよJoy!!

続きを全部読む

【調査】Googleで「ぶっかけうどん」を中国語訳したら「顔射」になる! 本当に通じるのか調べてみた

年々、精度が高まっていると言われる「Google翻訳」。だが、いまGoogle先生の予想外の翻訳がネット上で話題になっているのをご存じだろうか? なんと、讃岐名物「ぶっかけうどん」を中国語に翻訳すると、「顔」に発射の「射」という2文字になるというのである。嘘だろ!? と、思ったらマジだったー!! 

でも本当に中国語圏では、「ぶっかけうどん」をそんな風に呼ふのだろうか? 気になったので調べてみた。

続きを全部読む

「KBQバーガー」をGoogle翻訳すると「放射能の市民」になることが判明

マクドナルド(以下:マクド)が2011年10月28日から販売を開始したKBQバーガー(コリアン・バーベキューバーガー)。この商品がインターネット掲示版で話題となっている。Google翻訳で「KBQ Burger」を英語から日本語に翻訳すると、なんと「放射能バーガー」と表示されるのだ。さらにオランダ語から日本語に翻訳をかけると、驚いたことに「放射能の市民」と表示されてしまうのである。

続きを全部読む