【新要素のネタバレ無し】FF7リメイクを早速やってみた → リメイクってレベルじゃなかった

2020年4月10日に満を持して発売された『FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE』。恐らくは今現在、世界中で最もプレイされているゲームの一つと言っても過言ではないはず。しかし、一方で様子見している人もそこそこ居るのではなかろうか。

希望小売価格が税抜き8980円なのに対し、「ミッドガル脱出まで」という事前情報。オリジナルでミッドガル脱出までは、4~5時間程度だっただろうか? 何にせよ、ボリュームが値段に見合わなそうだとか、あるいは最悪な改変がなされていたら嫌だとか。様子見の理由といえばおおむねそんな感じだろう。

続きを全部読む