「DQNネーム」にまつわる記事

2015年キラキラネームアクセスランキング発表! ひとつの名前に読み方がいろいろあり過ぎて、もう訳わからん!

赤ちゃんの名づけについて、新しい傾向が出てきているようだ。ここ数年、キラキラネームが主流となっていたのだが、古風な名前に回帰する傾向にあるらしい。

そんななか、スマホアプリ「赤ちゃん名づけ」を提供するリクルーティングスタジオが2015年11月19日に、年間キラキラネームアクセスランキングベスト30を発表した。それを見ると、やっぱり難読なキラキラネームにアクセスが集中していることがわかる。しかも良く見ると、ひとつの名前にいろいろと読み方があって、もう訳わからん!

続きを全部読む

中国で「翔」という名前は「うんこ」という意味になってしまう?

キラキラネームやDQNネームと呼ばれている「変わった」名前があるのはご存知の通り。日本だけでなく、世界各国にもそういった名前は存在する。

そんなキラキラネームだが、中国では近年、「翔」という名前がキラキラネームになってしまっているらしい。なぜかというと、「翔」に「うんこ」という意味があるからだという──。

続きを全部読む

ペットのキラキラネームが難読すぎてまったく読めない 「女瑠世死霊亜魔外道」「怖栄螺吾瑠獲富腐漢零」

「キラキラネーム」とは、難読な名前をあらわす言葉である。「DQNネーム」と呼ばれることもあるそうだ。近頃はアニメや漫画、ゲームキャラから言葉を借りて、当て字で子どもに命名する人が多いようである。

これは人間の名前に限ったことだろうか? もしかしたらペットにもキラキラネームをつける人がいるのではないか? そう思って調べたところ、衝撃的な名前をつけられたペットがいるらしいことがわかった。その名前は以下のものである。

続きを全部読む

最近のキラキラネームが難解すぎて想像力を働かせても読み解けない 「美望」「男」「黄熊」「姫凜」など

最近の難読な名前には驚かされるばかり。読み方を教えてもらわなければ、一見して読むことができない。これらを俗に「キラキラネーム」や「DQNネーム」というそうである。

そんな名前にまつわるサイト「名前由来net」を運営しているリクルーティングスタジオ株式会社が、興味深いランキングを発表した。月間17万人が利用しているというアプリ「無料 赤ちゃん名づけ」のデータをもとに、キラキラネームのアクセスランキングを集計した。トップ30は以下の通りである。

続きを全部読む

読み方の難しい名前を「DQN(ドキュン)ネーム」や「キラキラネーム」という。その多くが漢字をあてているため、普通に読むことは困難だ。新任の学校教員は随分苦労していると思う。

・キラキラネームに関するアンケート
さて、そんなキラキラネームについて最近 IT 系企業が、10・20代を対象に調査を行った。その結果、全体の4割がキラキラネームと思う人が学校内にいたと答えており、「真九州」、「明日」、「美凪子」、「音」などの名前を挙げたそうだ。あなたはこれらの読み方、わかるだろうか?

続きを全部読む

最近のキラキラネームが難読すぎてまったく読めない件 「永久恋愛」「連夏江」など

皆さんに質問です。この名前の読み方、わかるでしょうか? 「永久恋愛」「連夏江」(読み方はこちら(本文下))。どちらも名前なのですが、フリガナなしでは読むことが難しいと思います。これらは俗に「キラキラネーム」とか「DQNネーム」と呼ばれています。

最近インターネット上で、「赤ちゃん命名事典」というサイトが話題になりました。このサイトを見ると、6万件以上登録された名前のランキングがわかります。キラキラネーム順の人気ランキングを見ると、フリガナなしでは読めないような名前が満載です。あなたはいくつ読めるでしょうか?

続きを全部読む