「adidas」にまつわる記事

【超豪華】W杯に向けて制作された「adidasのCM」がカッコよすぎると話題

ロシアW杯の開幕まであとわずか。6月14日のロシア vs サウジアラビア戦まで片手で数えるほどになり、いよいよサッカーの祭典が始まろうとしている。

4年に一度だけにスポーツメーカーもあの手この手で盛り上げようとしているところだが、adidas(アディダス)の公開したCMが超豪華でカッコよすぎると話題になっている。結論から言うとマジでヤバい。たった30秒しかないのに、これでもかとスターが出てくるぞ。

続きを全部読む

【2018年福袋特集】Yahooショッピング『アディダス福袋(1万800円)』に入ってたリュック「ロキシリーズ」が無限の可能性を秘めていた

新年が始まると、いたるところで販売される福袋。店舗だけではなく、ネットショッピングでも福袋を売るところは多い。Yahooショッピングにも福袋があったため購入してみた。

購入したのは「アディダス福袋」。この福袋に入ってたリュックサックが無限の可能性を秘めていたためお伝えしたい。

続きを全部読む

【2018年福袋特集】アディダス直営店の『LUCKY BAG2018(1万800円)』がオトクすぎておそロシア! 合計3万3000円相当の品が入っていた!!

新年早々、汗だくで、福袋はねぇが〜、福袋はねぇが〜……と渋谷をさまよっていたところ、実にイイ声で「数量限定でーす!」と、やたら活気づいたショップを発見。おォ、ここは……けっこう昔からある、アディダス(adidas)直営店ではないか。

なんでも正式名称は『アディダスブランドコアストア渋谷』というらしいが、そんなことより気になるのは数量限定の品物『LUCKY BAG2018』、つまるところ福袋だ。価格は1万800円。異存はないのでサクッと購入、さっそく開封してみると……

続きを全部読む

【2018年福袋特集】Amazonで買った『adidas福袋(1万800円)』の中身を大公開! まさかの○円分相当でメッチャお得!!

いよいよ2018年がやってくる。新年といえば福袋は外せない。運試しも兼ねて、朝イチからお店に並ぼうとしている人もきっと多いことだろう。ただ、ネットが主流の今、福袋はポチるだけでも家に届く

寒くないし、いい時代になったものだなぁ。そう思わずにはいられないが、ゴミをつかまされたら元も子もない。そこでだ! 通販の福袋にどんなものが入っているのか気になる人のために、Amazonでadidasの福袋(メンズ)を買ってみたぞ。結論からいえば、メッチャお得だった。

続きを全部読む

広告でスネ毛を披露した “女性モデル” に賛否両論!「気持ち悪すぎ」「彼女の勇気に感謝」など

女子たるもの体毛は剃らなければならない……現在、この固定観念を覆そうとする動きが徐々に広まりつつある。過去にはマドンナなど、多くの有名人がワキ毛写真を SNS 上にアップしたり、女性写真家が「ワキ毛で女性の自然な美しさを表現した写真」を公開したことも話題になった。

この度も、ある人気女性モデルがアディダスの広告でスネ毛を披露。すると、ネット上では大バッシング&大賛同の両方が寄せられる事態となった。

続きを全部読む

クリスティアーノ・ロナウドがツイートした写真に致命的なミスが発覚 / NIKEの写真に「adidasだろ!」とネット民からツッコミの嵐

ライバルがいるからこそ成長ができる。これは仕事だけでなく、どんな分野でも当てはまる。サッカーでいえば、レアル・マドリードとバルセロナ。スポーツブランドなら NIKE と adidas が有名だ。

お互いをリスペクトし切磋琢磨することが、良きライバルでいられる条件なのだが、NIKE と adidas にまさかの問題が勃発している。事の発端はクリスティアーノ・ロナウドの写真をツイートしたことにある。

続きを全部読む

【中村俊輔 vs 五郎丸歩】思わずニヤつく人が続出! adidasが公開した日本を代表する名キッカーの対決動画が最高だと話題

現在、adidasから公開された動画が「スゴくイイ!」と話題だ。なぜなら登場するのは、元サッカー日本代表の中村俊輔選手とラグビー日本代表の五郎丸歩選手。サッカー界とラグビー界の名キッカー同士の共演は、まさに夢だからだ。

2016年1月、都内某所で初対面を果たした彼らはどのような化学反応を見せたのか。ホッコリ&ニヤニヤが止まらない3分間の動画は、サッカーファン、ラグビーファンでなくとも必見だ!

続きを全部読む

【サッカー】香川真司選手らがサプライズでスパイクをプレゼント! アディダスジャパンが公開した動画がスゴくイイと話題

サッカー日本代表の背番号「10」を背負う男、それがドイツのドルトムントに所属する香川真司選手だ。先日のアフガニスタン戦で2ゴールを決めて勝利に貢献したことも記憶に新しく、中心選手であることは言うまでもない。

新しく始まったシーズンでの活躍も期待されるところだが、彼を中心とする選手たちがアディダスジャパンと夢のようなサプライズ企画をコラボ! その様子が YouTube にアップされ、スゴくイイと話題になっているぞ!

続きを全部読む

【マンU】女性用ユニフォームだけ谷間がポロリ!? 「男女差別だ!」「嫌なら男性用を買えばいいじゃん」と議論勃発

「赤い悪魔」の愛称で知られるイングランドのサッカークラブ、マンチェスター・ユナイテッド。香川真司選手が在籍していたこともあり、日本でも「マンU」として親しまれている。

現在、そんな「マンU」のユニフォームを巡って何やら不穏な空気が漂っている。それは、女性用ユニフォームの形。なんと襟ぐりが大きく開いており……お胸の谷間がお外に見えてしまうというのだ。これは……ケシカラン!  喝だ!! ということで議論が勃発している。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】『10番』をつけた中村俊輔選手の登場するPVがカッコよすぎると話題 / ネットの声「俊輔の10番見てゾクゾクした」

2014年1月19日、横浜F・マリノスは今季の新体制発表会を行い、新ユニフォームと選手の背番号を発表した。そして中村俊輔選手が12年ぶりに「10番」をつけることも明らかになった。

そんな中、新ユニフォームの「10番」をつけた中村俊輔選手が登場する PV が公開されており、カッコいいという声が続出している。今回はその様子を動画「adidas | Yokohama F・Marinos 2014 (full version)」と共にご紹介するぞ!

続きを全部読む

【まんが】パチモノとニセモノの違いとは? の巻

海外旅行に行ったとき、よく目につくのが「有名ブランドをパクった商品」である。そのまま完全にコピーしている極悪商品もあるし、ビミョーにパクっている商品もある。どちらにしてもパクっているのだが、可愛げがあるのは後者であろう。

いわば完全コピーは「ニセモノ」で、ビミョーなパクリは「パチモノ」であろうか。ということで今回は、そんなパチモノとニセモノの違いについて解説しているマンガをご紹介したい。

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】サッカー日本代表の新ユニフォーム紹介動画がカッコよすぎると話題 / ネットの声「鳥肌立った。全てをかける時が来た!!」

2014年に行なわれるブラジルW杯まで残すところ約半年となったサッカー日本代表。その舞台で着用する新ユニフォームが11月11日にお披露目され、いよいよW杯への実感が沸いてきた人も多いのではないだろうか。

そんな中、adidas が新ユニフォームを紹介している動画が身震いするほどカッコいいと話題になっているぞ。YouTube にアップされているタイトルは「adidas サッカー日本代表新ユニフォーム 60秒CM」だ!

続きを全部読む

提供:アディダスジャパン株式会社

【不思議動画】きゃりーぱみゅぱみゅさんはスニーカーと会話するらしい

いま日本でもっとも名前が発音しにくいアーティストといえば、「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんであろう。きゃりーぱむぱむ、きゃりーぴゃむぴゃむ……など、慣れていないと必ず噛む。しかしながら人気は絶頂。日本のみならず、世界レベルで有名になりつつある。

そんな世界レベルのきゃりーぱみゅぱみゅさんは、言語能力もスゴイらしい。それも、そんじょそこらの言語ではない。ななななな、なんと……! なんと! なななな、なんと! なんと、スニーカー語を話せるのだそうな。

続きを全部読む

提供:アディダス ジャパン株式会社

パフォーマー「AKIRA」とSSとの出逢いを語る?

パフォーマー「AKIRA(アキラ)」さんが、衝撃的すぎる過去? を動画にてサラリと告白しているのでお伝えしたい。

AKIRAさんが衝撃告白をしているのは、アディダス オリジナルスのスニーカー『SS』の動画だ。自身も SSユーザーだという AKIRAさんは、SS との出会いを語り始めた。

「最初にSSに出会ったのは16の時かな。それまで夢とか希望とか持てなくて……将来のことなんて考えられなかったんですよね……」

続きを全部読む

【衝撃展開】中国産シューズの中国メーカーロゴを剥がしたら予想外のロゴが出てきたと話題

中国名物のひとつといえばニセモノである。大手有名メーカーのロゴを微妙にマネしたり、ビミョーに似せて作る通称「パチモノ」は良心的。ロゴからカタチから何から何までそのまま完全にパクったりする「コピー品」という悪質なパターンもある。

そんななか……。とあるロシア人が購入した中国産シューズに信じがたい事実が隠されていたと大きな話題になっている。ご覧頂きたい動画はロシア語のタイトルだが、意訳するなら「中国産の新発明」であろうか。

続きを全部読む