【東京五輪】エンブレム問題に終止符! 最終候補4作品から「A案(組市松紋)」に決定!!

2020年開催の東京オリンピックのエンブレム問題が、ついに収束を迎えた。2015年に佐野研二郎氏が考案したエンブレムが白紙撤回され、2016年4月上旬に改めて選出された最終4作品が公表した。そして4月25日、大会組織委員会は4つのうちのひとつ、市松模様のA案(組市松紋)が決定したことを発表した。

ネット上では、この決定を歓迎する意見が挙がる一方で、他の候補が良かったとの声も挙がっている。

続きを全部読む