大きさに驚愕! iPhone6 Plusのモックアップと5sを比べてみた / 片手で画面操作はムリかもしれない

ついにアップルが次期スマホの発表を行った。当初噂された通り、2モデルが用意されており、ディスプレイサイズ4.7インチは「iPhone6」、5.5インチは「iPhone6 Plus」という名称に決まった。2014年9月19日に2モデル同日発売されることになっており、どちらを購入するか迷っている人も多いはずである。

とくに気になるのが、5.5インチモデル。かなり大きくなるため、操作性に不安が残るところである。そこで、5月の段階でネット上で配布されていた3Dデータを元に、3Dプリンターでモックアップ(模型)を制作していたので、参考のために現行の5sとの比較をお伝えしたいと思う。

続きを全部読む