Twitterが140秒の動画に対応したので、時間をフルに活用した大作動画を公開してみた!

Twitter は2016年6月21日、動画まわりを強化したことを発表した。これまで最長30秒までの動画しか公開できなかったのだが、140秒(2分20秒)の動画の公開に対応したのである。同様に動画共有サービス「Vine」も、一部のユーザーを対象に、140秒の動画の公開ができるようになった。

よし! これで大作動画を上げることができるな!! ということで、早速140秒の動画を制作して公開してみた。

続きを全部読む