これが「10万年後の人類の顔」です

人類の衝撃的な未来を描いた画像が、現在海外で大きな話題になっている。多くの人をあっと言わせるその驚愕画像とは、ズバリ「人類の10万年後の顔」を予想したものである。

この画像は、アーティストでもあり研究者でもあるニコライ・ラムさんと、ワシントン大学でコンピュータ遺伝子学を研究するアラン・クワン博士の2人の協力のもと作られた。彼らは今から2万年後、6万年後、10万年後の人類の顔を予想しているのだが、どれもかなり強烈な仕上がりになっている!

続きを全部読む