「麻酔」にまつわる記事

【アメリカ怖い】カバンから携帯電話を取り出したつもりが拳銃だった → そのまま間違えて自分を撃っちゃった男

読者の皆さんのなかに、歯医者が大好きだという人は、あまりいないのではないだろうか。「そろそろ検診やクリーニングに行かなくては……」と思いつつも、なんだかんだと理由をつけて、先延ばしにしてしまうのである。

とにかく、ずっと口を開けているのも辛いし、歯をガーガー削られる音や感覚も好きになれない……という人は多いに違いない。なんだか、不快なことだらけな感じもするが、歯医者で、もっとヒドい目に遭った男性がいるので紹介したい。な、なんと、治療のための麻酔でラリって、自分を撃ってしまったというのである!! なんでも、携帯電話と拳銃を間違えてしまったらしいのだ!

続きを全部読む

動物園の猛獣脱出対策訓練で「ゴリラスーツを着た従業員が本物と間違われて麻酔銃を撃ちこまれる」事故が発生! → 実はデマだったことが発覚

我々が動物園で楽しく過ごせるのは、猛獣を世話する従業員たちの並々ならぬ努力あってのことである。そんな彼らの仕事のひとつとして、猛獣脱出対策訓練は欠かせない。しかし「ゴリラスーツを着た従業員が連絡不備により、本物と間違われて麻酔銃で撃たれる」という “トンでも事件” が起きたのニュースが話題となったのだが、実はデマだったことが発覚し、さらに大きな話題を呼んでいるのだ!

続きを全部読む

飲食店やコンビニで、冷蔵庫に入ったり食品のうえに乗るという不祥事が相次いでいる。それらの出来事はインターネット上に画像が公開され、明るみになることが多いのだが、何も日本だけでそのような不祥事が起きている訳ではないようだ。

アメリカのとある病院で信じられない出来事が起こった。手術で麻酔中の患者の顔に、いたずらをしてその画像を Facebook に公開したというものだ。患者は病院と医師を告訴している。

続きを全部読む

「いつまでも笑いの絶えない家庭を築きたい」、結婚式ではよく聞く言葉だ。幸せな家庭を表現するのに用いられるが、では「笑いだけある家庭」は幸せなのか? 答えはノーだ。それを地でいく家族がオランダにいる。

主人のヒューグ・ボッセさんは、2年前に受けた股関節の手術で、麻酔の影響により笑いが止まらなくなってしまった。彼が笑い続けるために、妻はいつも不機嫌。まるでバカにされているようで不愉快に感じている。親戚も彼といると機嫌が悪くなり、誰も寄り付かなくなってしまった。笑いが絶えないのは本当に幸せなことだろうか?

続きを全部読む