「鳥」にまつわる記事

航空機の先端が「スーパーマンとぶつかった」みたいに大きく潰れる事故が米で発生 / 一体何があったのか…原因は不明?

乗り物の中でも、事故を一番心配してしまうのが飛行機ではないだろうか。なにしろ、トラブルが発生して飛行不可能になり墜落でもしたら、無傷で生還できる確率はゼロに等しいのだから。

そんな飛行機にまつわる怖い思いをしたNBAのチームが話題だ。チームのメンバーが降機すると、なんと飛行機の先端が大きく潰れていたのである! 一体、何が起きてこんな大きな凹みが出来たのか……気になるところだが、原因は不明だと報じられている。

続きを全部読む

【想定外のハプニング】鳥を羽ばたかせようと手を離した結果…

人生にハプニングはつきもの。日常生活において、良いことがあれば思わしくないことも起きるのは、どこの国でも同じである。

今回ご紹介するトルコで起きた出来事も、ひとつの例だ。その様子を映した動画の時間はたったの4秒間! まさに “あっ” という間のハプニングをご覧いただきたい。

続きを全部読む

「イーグルの視点」から見たアルプス山脈が美しすぎる / 貫禄たっぷりの飛び方にも注目

空を飛ぶことで厳しい生存競争に勝ち残ってきた優秀な生物が「鳥」である。人間も鳥のように自由に飛べる日を目指しているが、鳥のレベルまではまだまだ到達していないのが現状だ。

そんな中、お届けするのは鳥類の中でトップクラスの強さを誇る『鷲(イーグル)』にカメラを装着して撮影した驚異の空撮映像である。画面いっぱいに映し出される広大な景色と、風に乗って堂々と空を舞うその様子をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【新種か】羽ばたいていないのに飛ぶ鳥が激写される

この世にはまだまだ未知なる生物が存在する。深海はもちろん、ジャングルの奥深くや山奥など、謎に包まれている未踏の地は多く、実をいうと地球は人間の知らないことだらけと言っても過言ではない。

そしてもし新しい発見があれば「新種か」とザワつくものだが、まさに今、世にも不思議な映像がネットで拡散されているのでご報告だ。一体、何があったのかというと……ズバリ、羽ばたいていないのに飛ぶ鳥が激写されたのである!

続きを全部読む

【サッカー】日本 vs 豪州戦でも大量発生していた鳥にボールが直撃する事故が発生

2016年のサッカー日本代表戦で思い出す出来事といえば、なんと言ってもイラク戦で山口蛍選手の決めた決勝ゴールだろう。負ければ予選突破に黄色信号が灯る大事な試合、しかも後半アディショナルタイムという状況での劇的弾は日本中を興奮の渦に巻き込んだ。

しかし、中には豪州戦での「鳥」を忘れられないという人もいるかもしれない。なにせ試合中にもかかわらず、鳥(カモメ)がピッチ上を飛びまくり。圧倒的な存在感を放っていたからである。そして先日、そのカモメにボールが直撃するアクシデントが起きていたのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【サッカー豪州戦】ピッチに白い鳥が居すぎと話題に / ネットの声「鳥多くね?」「鳥とびすぎ」など

2016年10月11日、サッカー日本代表は宿敵オーストラリアとの試合を迎えた。前半終わって1対0でリードしているのだが、まだまだ油断はできない。ぜひともここで勝って、ワールドカップに向けて大きく前進してもらいたいところなのだが……。

試合をテレビで観戦している人は、ずっと気になっていると思う。私(佐藤)もテレビ朝日の中継を見て気になっている。ピッチに鳥が居すぎじゃない? なんでこんなに鳥がいるの? ボールがぶつかるんじゃないかと、ヒヤヒヤしているのだが……。

続きを全部読む

埼玉県のハトが超強そう

所ジョージさんの出身地として知られる埼玉県。「海がない」「ダサイタマ」とネタにされることも多いが、東京・神奈川・大阪・愛知に次いで、人口第5位を誇る巨大都市だ。「西武ライオンズ」や「浦和レッズ」の本拠地も埼玉県にあり、スポーツの盛んなことでも知られている。

そんな埼玉県には、他県の人間には考えられない「超強そうなハト」がいるという。噂を聞きつけJR川口駅に足を運んだところ……確かにこれまで見たことがないほど、超強そうなハトがそこにはいた。

続きを全部読む

【素朴な疑問】なぜ鳥は電線にとまりたがるの?

日常生活に溶け込んでしまって、とくに不思議に思わないことって色々ある。例えば、鳥が電線にとまりたがる現象。「いやいや、電線があるからとまるんでしょ?」と思ってしまうが、そこにはちゃーんと理由があるのだとか。

ということで今回は、海外メディアに掲載された「素朴な疑問:なぜ鳥は電線にとまりたがるの?」をお伝えしたい。

続きを全部読む

オランダ警察が小型無人機ドローン狩りをワシに訓練! 獲物を仕留めるかのようにハントするワシが超カッチョいいぞ!!

「知能が高い動物は!?」と聞かれたら、多くの人が、犬やチンパンジーを思い浮かべるのではないだろうか。意外に忘れられがちだが、かつて通信手段として活躍した伝書バトや言葉を覚えるオウムなど、鳥も頭が良い動物として知られている。

そして、鳥のなかで ‟カッコ良さナンバーワン” と言えるワシが、小型無人機ドローンを狩るように訓練されているというのだ。その、まるで獲物を仕留めるかのようにドローンをハントするワシの動画「Dutch Police Are Training Eagles to Grab Drones From the Sky」が、超カッチョいいのである!

続きを全部読む

【衝撃動画】鳥がカメラを盗んで飛翔 → どうにか回収 → 驚愕の光景が映っていた!

サイズが小さいにもかかわらず、鮮明に撮影することができるカメラ「GoPro」。額に装着して簡単に臨場感のある光景を撮影できるため、スカイダイビングなどのエクストリームスポーツでも使える優れものだ。

「出川カメラ」と言われたらピンとくるだろうアレだが、スペイン西部のガリシア州でエクストリームな光景がひょんなことから激撮されたのでご報告したい。さっそく、その様子が収録された動画「GoPro: Seagull Stole My GoPro」を再生してみると……

続きを全部読む

【動画あり】マーチングバンドが『スタートレック』を表現 →「男性器を登場させた&イヤラシイ動きをした」と罰金発生 / カーク大佐もコメント

性に対して多感な思春期男子。マンゴーを食べても、沖縄銘菓「チンスコウ」を買っても、レマン湖を訪れても……彼らは、なんだかモヤモヤ、いや、ムラムラしてしまうのだとか。

ならそんな思春期男子たちが、今回のマーチングバンドの動きを見たらどう思うだろうか? なぜなら、バンドの隊列が「男性器っぽい形」になって、「イヤラシイ動きを見せた」と言うではないか! しかも罰金騒動にまで発展したというのだから、これは……証拠動画『Kansas State Marching Band Doing What???』をチェックせねばっっっ!

続きを全部読む

【エナジー速報】これはイカす! 国産エナジードリンク『RAIZIN』のデザインが超カッコイイ “鷲のマーク” で登場!!

エンナァジイイイィィィッッ!! 俺の名前はエナジーマン。エナジードリンクをこよなく愛する、1日1エナは無論、調子の良い時は1日3エナ4エナ当たり前のエナジードリンク評論家だ!

つい最近、俺はアメリカを視察してきたんだけど、見たこともないデザインのエナジードリンクがテンコモリ! さすがはエナジーの本場なだけはある。だがしかし、我が国ニッポンの国産エナジードリンクも負けちゃいねえんだ。最近コンビニで見慣れない超絶イカしたデザインのエナジードリンクを発見したのでご報告だ!

続きを全部読む

【カラスの恩返し】少女がカラスにエサを与え続けたら「イヤリングやビーズなど気の利いた貢物」を持ってくるように!!

日本人なら、誰でも「鶴の恩返し」を知っているだろう。話の解釈は人それぞれ違うかもしれないが、基本のコンセプトは “良いことをしたら良いことが帰ってくる” という因果応報ではないかと思う。

そんな鶴の恩返しならぬ、カラスの恩返しとも言えるストーリーが話題となっているの紹介したい。ある少女がカラスにエサを与え続けていると、イヤリングやビーズといった気の利いた貢物を持ってくるようになったというのだ!

続きを全部読む

【命だいじに】“天性のハンター” ネコから小動物を守れ! 「ど派手で巨大な首輪」をネコに装着させれば狩り成功率が半減

事故や病気、迷子など、外は危険がイッパイ。なのでネコを飼う場合は、ネコを外には出さない『完全室内飼い』が推奨されている。にも関わらず、「どうしてもお外に出たい!」とお家を抜け出してしまう飼いネコはたくさんいるようだ。

そして「ただいま~」と家に帰ってきたネコの口には、鳥やネズミなんかが……。そんな “お土産” を発見しては、「気持ちは嬉しいけれど、できれば無用な殺生は嫌だな」と、ため息をついたことのある飼い主さんも多いはず。ということで今回は、“天性のハンター” であるネコから、鳥などの小動物を守る方法を伝授したい。

続きを全部読む

【コラム】地上160メートルの高さから「足から落下」してしてみた結果 → 鳥になろうとしていた

バンジージャンプをするとき、飛ぶ前に「どのように飛ぶのか」は決めておいた方が絶対に良い。空を飛んでいるスーパーマンのように、胸を突き出して飛び立つか。ドラゴンボールにおける空中飛行のように、頭から「ゴーッ」と落ちていくのか。

バク転をするがごとく、背面から仰け反るように飛び立った男も知っている。一方、当の私(筆者)は、そのまま足から落ちてみた。地上160メートルの高さを誇る世界2位のバンジージャンプで、そのまま足から落下すると、どんな思いがよぎるのか?

続きを全部読む

【衝撃動画】一本の木から飛び立つ鳥の数が想像以上にヤバイ

徐々に寒くなり、いよいよ冬の到来を肌で感じる季節になってきた。この時期にしか目撃できない動物を見れば、さらにその実感は増すことだろう。たとえば、カモをはじめとする冬鳥がそう。鳥は種類によって、季節を教えてくれる存在でもある。

そんななか、鳥に関する一本の動画「LiveLeak – Group of Birds Fly Simultaneously Away」が、注目を集めているのでご紹介したい。わずか40秒の再生時間だが、信じられないような光景がそこにあるぞ!

続きを全部読む

「自傷行為で毛をむし取ってしまったオウム」が元気を取り戻して歌って踊る動画が微笑ましい!

心の痛みをごまかすために身体を傷つけることを「自傷行為」というが、これは人間だけに現れる症状ではない。ストレスを感じたら、自分に噛み付いたり毛を引き抜いてしまう動物もいるのだ。

そんななか、飼い主を失った悲しみからくるストレスで毛をむし取り、ほとんど毛がなくなってしまった一匹のオウムが注目を集めている。見た目は痛々しいものの、“すっかり回復して陽気に歌って踊る姿が微笑ましい!”と話題になっているのだ。このオウムの様子は、動画「Singing Parrot!」で確認できるぞ!

続きを全部読む

【衝撃動画】まるで鳥になった気分! ワシに小型カメラを取り付けて撮影した映像がスゴい!!

空を飛びたいという人類の夢が叶ったのは今から100年以上も前のこと。飛行機による有人動力飛行を初めて成功させたのは、ご存知アメリカのライト兄弟だ。そう、彼らの発明から時代は大きく動いたものである。

技術が発達した今でも「さらに空を飛びたい」という向上心は存在するが、ワシに小型カメラを取り付けて撮影された映像が反響を呼んでいるのでご紹介しよう。まるで自分が鳥になったかのような気分になれる動画のタイトルは「Flying eagle point of view #4 by Sony Action Cam Mini (A flight over Paris)」だ!

続きを全部読む

【胸キュン動画】鳥の王者にもカワイイ面はあるのだ! スプリンクラーと無邪気に戯れるワシの子どもの巻

人はギャップに弱い。少女漫画でヤンキー青年が捨て猫を救う姿に、何人の乙女が鼻血を流して恋に落ちたであろう? 愛らしい女性が実はカンフーの達人、なんてシチュエーションに弱い男子諸君も多いはずだ。

そこで今回は、みなさんの胸をキュンキュンさせてしまうギャップ動画をお見せしたい。主人公は、鳥のワシ! 空を飛ぶ姿はホレボレしてしまう雄大さを誇る、鳥の王者のかわいい姿を紹介しよう!!

続きを全部読む

【ほのぼの動画】ヨーグルトをめぐるオウムとワンコの静かなる戦い / 怒濤の奪い合いなのに何故だかホッコリ癒される

動物だろうが人間だろうが、誰だっておいしいものが大好き! お腹いっぱいになるまでた〜くさん、食べたい気持ちはみんな同じはずだ。

だからこそ、食べ物をめぐるバトルが勃発すれば、「我こそが勝つ!」と真剣な態度になってしまうもの。今回紹介する動画「Dog and parrot fighting over a yogurt cup」でも、ワンコとオウムがヨーグルトをめぐって熱い争いを繰り広げているのだ! しかしなぜだろう……。両者はとっても真剣なのに、ほのぼのとした戦いになってしまっているのである!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2