「鬼嫁」にまつわる記事

極限の2択を迫られるスマホゲーム「俺と鬼嫁の100日戦記」がシンプルながら面白い! 全神経を集中して恐怖の結婚生活を生き延びよ!!

結婚したいよお……。現在30歳の筆者。そろそろ結婚を考えても良い頃合いである。かわいい奥さんに手料理を作ってほしい。一度でいいから「あなた」と呼ばれてみたい。あの無駄に分厚いゼクシィとかいう雑誌を買ってみたい。よーし、結婚すっか!

と思いきや、大事なことを忘れていた。結婚しようにも筆者には相手がいないし、彼女ができる気配もないではないか。よーし、あきらめてゲームでもすっか!

続きを全部読む

怖いけど愛しい! 恐妻家あるある30連発!!「 芸能人の不倫報道をみる度『勇気あるな』と思う」など

一言で “夫婦” と言っても、そのスタイルはさまざま。恋人のように仲が良い夫婦もいれば、奥さんが家庭をリードする家も多い。近年では奥さんに頭が上がらない、いわゆる恐妻家が増えているそうだが、何を隠そう私(りょう)もその1人だ。

嫁の威圧感におびえ、常に顔色をうかがいながら行動。男としての威厳は皆無だが、そんな状況であっても妻が愛しくて仕方がない。今回は、そんな恐妻家が常日頃から感じることを「あるある」でご紹介しよう。

続きを全部読む

【衝撃動画】鬼嫁の前で旦那が羽目を外したらとんでもないことになった

「奥さんが子供を生んでから強くなった」というのは、よく聞く話である。かわいかった嫁が豹変……今ではその存在に怯えて暮らしているという旦那さんも多いことだろう。いつしか「鬼嫁」という言葉さえ生まれ、年々嫁の強さは増している。

そんな中、海外における鬼嫁の動画がYouTubeにアップされていたのでご紹介しておきたい。タイトルは「Don’t tip a backup dancer while drunk… lol.」。この夏、鬼嫁とバカンスなど、どこか遠くへ出かける予定の人は必見だ。同じような過ちをしないためにも勉強しておこう。

続きを全部読む

大分県・別府には「鬼嫁を一発でキレさせるTシャツ」が売ってる

大分県といえば、温泉の名所がたくさんある通称「温泉県」。そして温泉といえば、湯布院、そしてなんといっても別府がある。特に別府は温泉巡りの「地獄巡り」が有名で、行ったことがない人でも知っている観光名所だ。

つい先日、筆者(私)は別府を訪れる機会があったのだが、そこでユニークなTシャツを発見したのでご紹介したい。そのTシャツには、世のサラリーマンたちが発しそうなメッセージが書かれていたのである!!

続きを全部読む

ネトゲ夫にキレた鬼嫁「夫売ります。3~5時間置きに食料と水を与えてください」

オンラインゲームはハマるとやめられない。ついついズルズルやってしまいがちだ。そんなネトゲに夢中の夫にキレた嫁が「夫売ります。世話は簡単、3~5時間置きに食料と水を与えてやってください」とネット上で夫を売りに出すという騒ぎが起きていたことがわかった。

続きを全部読む