「飲食店」にまつわる記事

【食事マナーコラム】飲食店を出るとき「ごちそうさま」って言う?

食事の前には「いただきます」。食べ終わったら「ごちそうさま」。当たり前のことである。幼稚園児だってやっている。しかし、我々は大人になるにつれ、この当たり前ができなくなっているように思うのだ。

聞きたいのだが、あなたは外食して店を出る時に「ごちそうさま」と言っているだろうか? 必ず言う! という人と、別に言う必要なくない? という人とで意見が真っ二つに分かれると思うのだけど。そこで今回は、飲食店を出るときの「ごちそうさま」について考えてみたい。

続きを全部読む

飲食店向け予約システム会社の社員が『ドタキャンよりも困ること』をブログで激白 / 幹事さんに「絶対に避けて下さい」と切実なお願い

いよいよ2015年も残すところあと1週間ほど。忘・新年会シーズンもピークを迎えたこの時期は、少人数であってもお店の予約はしておいたほうが無難なほどに飲食店は賑わっている。しかし、その “予約” に対する感覚が、利用者側と店側では意外と異なるようだ。

以前、飲食店向け予約システム会社の社員が、ブログで「レストランの予約をドタキャンする人は仕事ができないしモテないし空気も読めない」と激白し話題を呼んだが、同じ人物が最近『ドタキャンよりも困ること』について述べている。前回に引き続き、今回も店側の事情を窺(うかが)い知れる内容となっているので紹介したい。

続きを全部読む

【驚愕】アルバイト店員に「分身しないか?」と持ちかけた飲食店店長が書類送検される / 全バイトのうち4人が分身

どの職場環境でも、優秀な人材を確保するのに苦労する。特に飲食店では慢性的に人手が不足している傾向にあり、せっかく働きの良い人が見つかっても、すぐに継続的に働くことができなかったり、諸事情で辞めてしまったり……。自分がふたり居れば! そう願う店長も少なくないだろう。

・「分身しないか?」

最近福岡県のある飲食店で、優秀な働きをするアルバイト店員に対して、驚くべき提案をした店長が書類送検されたことが判明。その店長は、中国人のアルバイトに「分身しないか?」と提案したという。これは一体どういうことなんだ!? まさか分身する術をその店長は知っていたというのか?

続きを全部読む

【衝撃格闘動画】悪態をついた客を華麗な足技で撃退! まるで「キャットウーマン」のような女性が超絶カッコイイ!!

突然だが、修羅場に遭遇した時、皆さんはどのような行動をとるだろうか。その場から立ち去る、傍観する、何か助けになることをする……などなど、人それぞれだと思うが、助けに入る人は少ないだろう。

誰だって問題に首を突っ込みたくはなく、それも仕方ない。しかし、世の中には勇敢な人がおり、なんと悪者を撃退した女性もいる。ということで今回は、現代の「キャットウーマン」とも呼ばれるその姿を収めた動画をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【コラム】飲食店で働いている人は液状絆創膏「コロスキン」が好き! だ~い好きッ!!

皆さんは「コロスキン」をご存じだろうか? バスや電車の広告でその名前だけは知っているけど、実物は見たことないという人もいるのではないだろうか。飲食店で勤務経験のある方であれば、何のことかすぐにわかるはず。

コロスキンとは液状絆創膏のことである。製造販売元の東京甲子社の歴史は古く、どこの薬局に行っても大抵手に入るだろう。なぜ、飲食店勤務の人がこれを知っているのかといえば、猛烈に重宝するからである。おそらく飲食店の人でコロスキンが好き! という人は多いはず。いや確実に大好きだ!!

続きを全部読む

Twitterユーザーが “フォロー返し” をしない飲食店に不快感「商売舐めてますよね」「数年選手でもう天狗ですか?」

最近は Facebook や Twitter などのSNSが普及し、知り合い同士だけでなく他人や有名人などとも繋がることができるようになった。

SNSの利用者が増加し影響力が拡大するにしたがって、小さな話かもしれないが、飲食関連でもトラブルが起きているようだ。食べ歩きをする Twitter ユーザーらがある飲食店のアカウントをフォローしたのだが、一部のユーザーが飲食店側にフォローを返してもらえず不快感を示しているようなのだ。

続きを全部読む

【ユニーク過ぎる差別化】本物の棺が店内に! 死体の側で人々が飲み食いするレストランが話題

「どのようにして他店や他社製品と差別化をするか?」というのは、ビジネスに関わる多くの人にとって悩みどころであろう。

そんなビジネスパーソンにとって参考になる……かもしれないレストランを紹介しよう。そのレストランの差別化の方法は、圧倒的にユニーク。キーワードは「棺」である。「どういうこと?」と思うだろうが、映像を見れば一目瞭然。店内に、死体の入った棺が置かれているのだ!

続きを全部読む

飲食店バイトは天国! 余った料理の持ち帰り報告がスゴイ「ミスドいっぱいドーナツもらった」「31で好きなだけアイス食べた」「ホモ弁から揚げ20個もらった」

ファストフード店のアルバイトは過酷! そんなイメージを持っている人もいるかもしれないが、アルバイトにとって嬉しいメリットもあるようだ。お店の営業が終わってから、余った料理を持ち帰っているアルバイトがいるという。

・余った料理の持ち帰り
ファストフード店によって「余った料理の持ち帰り」を許しているところもあれば、厳しく禁止しているところもあるようだ。しかし、アルバイトや店長、チーフなどの判断で持ち帰りを許しているところもあるらしい。たとえば……。

続きを全部読む

人気のない飲食店にありがちなのが、板前さんがボーっと店頭に立っているという行動だ。人気がない理由はいろいろとあるかもしれないが、板前さんが店頭に立っていたら「人気のなさに拍車がかかる」ということをなぜわからないのだろうか?

・客が入りたくても入れない状態
まず、板前が店頭に立つことにより「客が入りたくても入れない状態」を作っていることに気がつこう。客はお店の前で「入るかどうか」を検討して決めることがある。板前が目の前にいたのでは、気持ちが落ち着かなくて検討すらできない。

続きを全部読む

デートや同僚との食事でレストランを探すとき、今はほとんどの人がクーポンサイトや、グルメ関連の口コミサイトで探していることだろう。

上に挙げたサイトでは、コストパフォーマンスや味、店の雰囲気をある程度把握することはできるが、裏に隠された店主や従業員の「素の顔」を見ることは難しい。

続きを全部読む