「風邪」にまつわる記事

【あるある】職場で鼻をかんだ瞬間、豪快な屁を放ってしまった人にありがちなこと40連発

時として、間の悪いタイミングで奏でられる肛門のファンファーレ、屁。その場の空気を切り裂くあの音は厄介だが、なかでも特に最悪なのは職場での “肛門独奏” ではないだろうか。

もちろん、そうならないよう多くの社会人が自分の肛門に気を配りながら仕事に励んでいるわけだが、注意が薄れてしまうときだってあるもの。例えば、風邪で鼻水が止まらず、鼻をかんだときだ。力んだ瞬間、肛門への注意がついおろそかになって……。

ということで今回は、職場で鼻をかんだ瞬間にファンファーレを奏でてしまった人にありがちなことを、あるあるという形でお伝えしたい。突然の肛門独奏とは無縁の人も、以下を読めば “やってしまった人” の気持ちが分かること請け合いだ。

続きを全部読む

も〜っとネコを可愛がってあげて!そうすれば「ネコがさらに健康になるよ!!」との調査結果が発表される

もしもネコに「あなたにとって人間とは?」と聞くことができたら、一体どんな答えが返ってくるだろう? 怖い、相棒、ごはん係、踏み台、ペット……と色々な意見が想像できるが、きっと “大切な存在” と答えてくれるネコさんだっているはず!

そう。 “自分勝手な生き物” と言われることも多いネコだけど、こちらが大切に扱えば、ちゃ~んと応えてくれるのだ。その証拠にこの度、愛情を注がれたネコは、もっと健康になるということがある調査にて明らかになったというではないか!!

続きを全部読む

ついに「花粉症になってしまったかもしれない人」あるある50

寒い冬も終わりに近づき、徐々に暖かくなるこの季節。嬉しい反面、花粉に悩まされる人が多い時期でもある。なかでも重症の場合は、日常生活が困難になってしまうほど辛いものなのだ。

一方で、花粉など物ともしない非花粉症の人々もいるが、彼らもいつ花粉症になるかわからない。去年までなんともなかったのに、突然「もしや!?」と思うときが来るのだ。そんな、「ついに花粉症になってしまったかもしれない……」という人にありがちなこと50選をご紹介したい。

続きを全部読む

都庁広報課がインフルエンザの流行拡大に注意喚起! 患者報告数は「注意報レベル」を超えていると発表

今年も残すところあとわずか。年末に向けて、忙しくしている人も多いと思うのだが、大事なときだからこそ健康には気をつけたいところだ。そんななか、東京都庁広報課はTwitterでインフルエンザの流行状況を伝えている。

同課が伝えるところによると、インフルエンザの流行状況はかなり深刻なようである。忙しくても、感染予防に気をつけよう。

続きを全部読む

【注意喚起】ウイルスってどう広がるの? 飛行機の中でクシャミするとこうなるってシミュレーション動画 / たった1人のクシャミで周囲10人に感染リスク

日が短くなり、なんだか冷え込む今日この頃。冬本番までもう秒読み段階だ。……となると、心配なのが風邪やインフルエンザである。

今回は感染に関する動画を紹介したい。動画「How Sneeze Particles Travel Inside An Airplane」では、狭い飛行機のなかで誰かがクシャミをした場合、その粒子がどう広がり、どの席がリスクが高いのかが描き出されている。体調が悪くなってからでは遅いのだ。さっそく確認してみよう。

続きを全部読む

【やってみて】のどの痛みには超簡単に作れる「はちみつ大根」が激しく効果的だぞー!

ついに夏がやってきた。寝苦しい夜、エアコンのお世話にならざるを得ない季節である。ひんやりと涼しい寝室は快適だが、空気が乾燥してのどを痛めることも多い時期だ。

一般的に夏風邪は長いと言われている。のどアメやうがい薬でも治らない場合、ぜひオススメしたいのが「はちみつ大根」である! 人により効果に差はあると思うが、経験上これが驚くほど効いて、超簡単に作れるのだ!

続きを全部読む

【奇妙実話】山手線で「咳男」に出会ったときの話

え? 俺に話してんの? と思うような場面に遭遇したことはないだろうか。誰に向けられた言葉なのか分からず、思わず「お、俺?」という顔で相手を見てしまう。そんな経験、誰にでもあるはずだ。

つい最近のこと。山手線に乗り、目黒から秋葉原に向かっていた途中のことだ。鼻がむずがゆくなったのでポリポリとかいていると、どこからともなく「鼻づまり?」と声がした。誰かが誰かに話したのだろうと思い、声のした方を見てみると、かなり恰幅のいいオジさんがこちらを見ていたのである。そしてもう一度「鼻づまり?」、と。

続きを全部読む

「風邪をひいているときの運転はビール約2リットルを飲んで運転するのと同等の危険性がある」との研究結果

飲酒運転が非常に危険な犯罪行為であることは周知の事実。しかし、その飲酒運転と同じくらい危険な運転状況が日常に潜んでいることをみなさんはご存じだろうか。

最新の研究によると、風邪をひいている状態での運転は、約2リットルのビールを飲んで運転するのと同等の危険性を伴っていることが明らかになったそうだ。これは免許を持っている人ならば、誰にでも起こり得る状況であるだけに知っておいて損はないだろう。

続きを全部読む

「風邪ひき」が一人いるだけで4時間以内にオフィス内の人と物の半数がウイルス感染することが判明

今まさに風邪をひいている方必読の研究結果が報告された。なんと、職場に一人でも風邪をひいた人がいると、午前中のうちにオフィス内の人と物の半数はウイルスに汚染されてしまうことがわかったそうだ。今は風邪をひいていないという人たちも決して無関係な話ではないぞ!

続きを全部読む

人は親になると風邪をひく確率が半分に! しかも子沢山のパパママほど風邪にかかりにくいことが判明

子どもの笑顔や存在に日々癒されているパパママ、子どもがあなたに与えてくれるのはどうやら精神面の健康だけではないようだ。最新の研究結果によると、子どもがいる人はそうでない人と比べて風邪をひくリスクが半分なのだという。

続きを全部読む

Twitterで風邪のリアルタイム情報を収集する「カゼミル+」で風邪を予防しよう

毎年、寒さが募り始める頃になると、天候と同時に風邪に関する情報が気になるものである。今年の風邪は喉に影響があるのか? それとも高い熱が出るのか? 症状によって対処法も変わってくる。効率的に情報を得るにはどうしたらいいの? とお思いの方に画期的なウェブサービスをご紹介したい。

製薬会社のエスエス製薬は、Twitter上の風邪に関する情報を収集してエリアごとに解析し、風邪話題度を予測する「カゼミル+」を公開した。これを見れば、現在流行している症状を察知することができ、予防にも役立つものとみられている。

続きを全部読む

風邪の予防にはヨーグルトが効果的 / 佐賀県の小学校ではインフルエンザの感染率が大幅に低下

もう11月に入り、秋が終わって冬が近づいてきた。気温も寒くなり、エアコンをつける日も多いが、あまりの寒さに風邪を引いてしまう人も職場でチラホラ見掛ける。

かくいう私も風邪をひきがちな人の一人なのだが、なんと驚くべき情報が入ってきた。有田焼で有名な佐賀県有田町の小・中学校では、他の地域や近隣の学校に通う子供たちと比べ、インフルエンザの感染率が大幅に違うのだという。

これは有田町にて行われた調査で、町内に通学する小・中学生に『1073R-1乳酸菌(以下、R-1乳酸菌)』が入ったヨーグルトドリンクを登校日に1日1本一定期間摂取し続けてもらい、インフルエンザによる欠席児童数を分析した結果から判明したものである。

続きを全部読む