「靴下」にまつわる記事

とにかく安さが爆発している「しまむらの暖か靴下」を試してみた → 爆売れしてる理由が分かった

寒さ対策は足元から。こう言われるように、今の寒い時期は心臓から一番遠い足元を暖かくしなければいけない。無論、身近なアイテムは靴下で自分好みのものがある人も多いのではないだろうか。

私にとってはユニクロとワークマンが靴下一軍。どちらもいいパフォーマンスをしてくれているので監督として満足しているのだが、先日しまむらをパトロール(しまパト)したらどうしてもスカウトしたくなる選手がいた。なにしろ……

続きを全部読む

ワークマンで買った冬用靴下「マックスホット(3足980円)」が最高に暖かい / やさしい温熱効果で足先ポカポカ! ユニクロよりコスパいいかも

ワークマンの冬用靴下といえば、保温性や防臭性に優れている「メリノウール」が人気なのだが、よりワークマンらしさを求めている方には「マックスホット」がオススメ。男前な商品名がかつて作業服・作業用品専門店だった頃のワークマンを彷彿させるはずだ。

とにかく記録的大寒波に襲われてもマックスホットなら余裕だろう。サイズは24.5〜27センチで3足組980円。さっそく購入して履いてみたところ……ヤバい。マックスホットという名にふさわしい冬用最強靴下かも。以下で詳しく紹介しよう。

続きを全部読む

【Amazon低評価検証】冬用の厚手で暖かい「ワニの靴下(934円)」を履いてみた / ワニが足を飲み込む形をしているのだが…これはヤバい

冬用の厚手で暖かい靴下をAmazonで探していたら “3D漫画パターン” とやらが特徴の「厚手の暖かソックス」なる商品を見つけてしまった。どうやらただ暖かくて通気性に優れているだけではなく、ユニークな動物の形をしているうえに……

商品ページによると「丈夫で丈夫、そして丈夫です」とのことだ。おそらく死ぬほど丈夫な動物靴下なのだろう。冬用の暖かい靴下を探している方はもちろん、家族や友達、愛する人へのクリスマスプレゼントをこれから準備するという方もぜひ参考にしてほしい。

続きを全部読む

【神コスパ】ワークマン「竹の靴下(3足580円)」が地味だけどタフで超使える! 使い捨てるつもりで買ったのにレギュラーに昇格する履き心地!

つい先日、ワークマンで「和紙」と書いてある靴下を見つけたが、今度は「竹」である。靴下コーナーで「竹の靴下」を発見した。3足セットで580円……和紙(980円)よりも安い。てか、靴下3足で580円はかなり安い部類に入るのではなかろうか。

そもそも竹の靴下ってなんだよ……と思って調べたところ、竹は熱伝導率が高く、吸水性、放湿性に優れているらしい。ひんやり感があるので夏に向いているそうだ。ちなみにサイズは「24.5〜27センチ」。もしかしたらいいかもってことで買ってみたぞ!

続きを全部読む

【コスパ最高】ワークマンの「和紙糸を使用した靴下(3足980円)」がサラサラ感抜群で超快適! 普段使いはもちろん夏ランニングにも使えるぞ!

先日、ワークマンで「和紙」と書いてある靴下を見つけた。なんでもつま先やかかと部分に “和紙の糸” を使用している靴下で、汗をかいてもベトつかず、和紙繊維独特のサラッとした履き心地が特徴らしい。しかも3足セットで980円。安い。夏にいいかも……

ってことで、5本指タイプのショートソックスを購入。さっそく履いてみたところ、想像をはるかに超えるサラサラ感! 普段使いはもちろん夏のスポーツにもバリバリ使えそう。かなりおすすめなので詳しく紹介したい。

続きを全部読む

【評価1】Amazon最低評価の靴下を履いてみた / 口コミは「靴下の形をしていない」「ゴミ」「これは何?」など

通勤中に雨に打たれて靴下が濡れてしまった。ああもうマジで最悪……ではない。実を言うと、こんな時のためにアマゾンで靴下を買っていたのだ。まだ開封していないのだが、同商品は「通気性に優れ、長時間着用しても汗やニオイが気にならない優れモノ」だという。

しかも、商品説明には「デザインはシンプルだが単調ではなく、靴を脱ぐときにまったく新しい感覚をもたらす」と書いてあった。というわけで、いよいよ男女兼用・ビジネス・ランニング・アウトドアなどなど……何にでも使える万能靴下の出番であります!

続きを全部読む

ユニクロのヒートテック靴下を生まれて初めて履いたら感動的に暖かかった / 1点590円で2点990円「もう使い古したスキー用ソックスはいらない」

ユニクロのヒートテック靴下がめちゃめちゃ暖かいらしい。「1度履いたらやめられない」と、当編集部のヒートテック信者たちが盛り上がっていた……え、マジかよ。ヒートテックって “インナーシャツ” だけじゃなかったのか。気になる。スゲー気になる

てことで、会社帰りに近くのユニクロへ。わき目もふらず靴下コーナーに向かうと……「ヒートテックソックス」なる棚を発見。これが噂のポカポカ靴下か。1点590円で、2点990円か。そんなもん2点買うしかねえだろ。さあ果たして、どれほど暖かいのだろうか。

続きを全部読む

【1足100円以下】ユザワヤで靴下福袋を買ってみたら、大量の靴下がみっちり詰まって業者の仕入れ状態に…!!

ユザワヤオンラインショップで「靴下36足入り」という福袋を見つけた時は、思わずクスリと笑ってしまった。人類に脚は2本しかない。36足という大量の靴下なんて、どうやって消費したら良いのだろうか?

怖いもの見たさも手伝って注文したところ……年が明けて届いた箱はズッシリと重い。勇気を出して中身を確認してみたら、ボリュームがあり過ぎてお次はお腹を抱えて笑ってしまった。こんなにたくさんどうやって履いたらいいんだよ!!

続きを全部読む

ワークマンの靴下を履き比べた結果、オススメはこれ! メリノウール使用の高品質・低価格な万能靴下

先日ワークマンへ行ったところ、靴下が陳列されていた。素材はなんとメリノウール。登山用品にもよく使われている多機能高級素材のはずだが、値段を見てみるとすべて1000円以下というお手軽価格なのだ。

それにしてもさすがワークマン。かなり種類豊富で靴下だけで棚の一角を占めているのだが、多すぎてどれがいいのかよくわからないぞ……。

ということで、今回は3種類のメリノウール靴下を購入してみたので履き比べて違いを検証しちゃうぞ!

続きを全部読む

自衛隊員が愛用するという「100㎞行軍用」「40㎞行軍用」な靴下をガチに試してみた / 「ガッツマン」の靴下の実力がヤバい

ネットサーフィンをしていたところ、何やら凄そうな靴下を見つけた。ガッツマンというブランドの靴下だ。公式HPによると、自衛隊の演習や行軍向けに開発されたものらしい。

商品のラインアップには、100キロ行軍用や40キロ行軍用など、ハイスペックさをうかがわせるものが並んでいる。面白そうなので、実際に買って試してみたのだが……その結果が凄かった!

続きを全部読む

「ひょっこり親指」にお悩みの方は必見! 靴下が破れなくなる便利グッズに「欲しかったのはコレだ」と叫ぶ

職場の人と向かった飲食店の座敷や、取引先に着いたとき。靴を脱いだら親指がひょっこりコンニチハ! 気づいていても、見て見ぬフリでだれも何もいわない。

座っているあいだに爪先の布をギューと伸ばしてズラしてみるものの、立てばまた元通り。あの恥ずかしい思い!

靴の中の違和感に「もしや……」とキモを冷やした経験もおありだろう。そんな一生の恥とは、もうおさらばだ。親指の穴あきを防止してくれる画期的な商品があったぞ。

続きを全部読む

【代打4コマ】第132回「靴を脱いだ時によくあること」GOGOハトリくん

続きを全部読む

【発見】ヴィレヴァンの東北地方限定ソックスが「ゴキブリ」な件について → 遭遇経験がないと嫌悪感も生まれない説

ヴィレッジヴァンガードへ行くと、よくカラフルな靴下がずらっと並んでいるコーナーがある。オクタニコーポレーションの「おえかきさん」アンクルソックスだが、このシリーズに地域別商品があることをご存知だろうか。などという筆者自身も最近まで知らなかった。

とある店舗で見つけた「東北ヴィレッジヴァンガード別注」の靴下……ゴキブリ柄である。

もとから「うんちさん」だの「ぶりーふさん」だの珍妙な……もといユニークなイラストが並ぶ同シリーズなので驚くことではないが、これが東北地方の商品だというのには、深〜い意味があるような気がする。というのも……

ずばり、ゴキブリに抱くイメージには地域差があるのではないか、と日頃から思っていたからだ。

続きを全部読む

【限りなく素足】指先をカットした「ムレ対策ソックス」を1日中履いて検証した / その名も『足ムレないす!』

梅雨に入り、足指のムレが加速している。私(hirazi)は靴を素足で履くことも多いのだが、中は まるでシメジ栽培所のようだ。「靴下はけよ!」という声が聞こえて来そうだが、素足の解放感、やめられないんだよなぁ~。

とは言っても、水虫は怖い。素足の解放感そのままに、快適な足元ライフを実現できないものか……なんて思いながらAmazonをのぞいていたところ、素足に近い形なうえに、ムレにくそうな靴下を発見してしまったのだ。即ポチしたのでレビューしてみようと思う。

続きを全部読む

提供:靴下の岡本

【ガチ検証】24時間におわないと話題の『スーパーソックス』を5日間履き続けたらこうなった

早いもので6月も中盤。じめじめした梅雨の時期が終われば、あっという間に夏本番へ突入だ。そして、足が異臭を漂わせ始めるのもちょうどこの季節である。一日中履いた靴を脱ぎ、おそるおそる靴下をかいでみると……オ、オエェェェェェェエエエ!

想像しただけでも地獄だが、なんと世の中には24時間履いてもにおわない靴下が存在するらしい。何その奇跡。しかしそれが本当なら、日本中の足臭マンたちの悩みを解決する救世主になるのではないか? そこで実際に噂の靴下を着用し、効果を確かめてみることにした!

続きを全部読む

【2020年福袋特集】靴下にも流行りってあるのね… 『靴下屋の福袋』には「はじめて」がいっぱい詰まっていた

歳をとると、若い子たちのファッションにカルチャーショックを受けることが、たびたびある。最近、記者が頭を悩ませているのはシャツインをするタイミングだ。恐らく、シャツインしたほうがナウいのだろうが、いつどの服装ですべきであるか全くわからない。

こうして人って、色いろなものを諦めていくのかなと思ったりしている。いやはやしかし『靴下屋』の福袋を通して若者の服装流行問題について、考えさせられることになろうとは。実は、私の感覚ではわからないモノが2足入っていたのだ。だれか、正解を教えて! 

続きを全部読む

【あったか検証】一足あたり145円のワークマン「HOTカプサイシン防寒靴下」をユニクロの「ヒートテックソックス」と履き比べてみた

ご存知だろうか? ワークマンの「HOTカプサイシン防寒靴下」を。有機化合物の1つで、唐辛子などに含まれる辛みをもたらす成分・カプサイシンの期待感に加えて、4足で580円(税込)という価格破壊っぷり。なんと一足あたり145円。つま先と ふところが寒い私(hirazi)には飛びつきたくなる靴下である。

しかし、ユニクロのヒートテックソックスが一足649円(税込)だと考えると、安すぎて本当に暖かいのか疑わざるをえない。そんな疑念を解消すべく「 HOTカプサイシン防寒靴下」と「ヒートテックソックス」の両者を比べる形で、暖かさを検証してみたぞ。

続きを全部読む

無印良品でオリジナル靴下を作ってみたら絵心なさ過ぎて泣いた → 店員になぐさめられて2度泣いた

世界に1つだけのオリジナル靴下を作れる……だと? しかも、あの「無印良品」で……?

そんなもんやるっきゃないだろう! と喜び勇んで実際に作ってみたのだが、結論から言うと 思てたんと違うのが爆誕してしまった。全ては私に責任があるのだが、どうか読者のみなさんは私の二の舞にならないでいただきたい。俺の屍(しかばね)を超えて行け!

続きを全部読む

【ユニクロvsワークマン】消臭機能のついた靴下を洗濯しないで履きつづけてみた → 口臭チェッカーで臭いを測定してみたら驚愕の結果に!

蒸れる季節だ。臭う。臭うぞ……スメルハラスメントなんていう言葉があるように、漂う臭いは無視できない問題である。体臭の中でも、足のニオイに悩む男性は多いのではないだろうか?

そんな問題を解決するためか、消臭効果がついている靴下も数多く販売されている。しかし、安くて臭いを防げるのはどのブランドなんだ? そんな疑問をいだいた私は、ユニクロとワークマンに絞り、どちらが悪臭を防げるか比べてみたぞ!

続きを全部読む

【4コマ】第48回「靴を買うときに気をつけたいこと」ロッテンマイヤーのちょこっと楽しい生活

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2