「露出」にまつわる記事

警部補が下半身を露出した「しまい忘れ」事件を独自調査! ポロリのまま職務質問をしたらこうなった / 検証画像あり

先日、日本の犯罪史上 最も凶悪な「しまい忘れ事件」が発覚した。——というだけで、すでに何のことかピンと来た人も多いと思う。そう、男性警部補が路上で下半身を露出して通報され、取り調べに対して「(下半身を)しまい忘れた」と供述した事件である。

この恐ろしい出来事を、ロケットニュース編集部では独自の角度から検証。「しまい忘れる」ことが招きかねないリスクをあぶり出したので、注意喚起の意味を込めてレポートしたい。

続きを全部読む

【珍裁判】少女の前で下半身を露出して訴えられた男性の裁判 / 被告の妻「夫のアレは小さ過ぎる」と証言 → 裁判官「サイズを計測しなさい」

一般的に、大型の拳銃の方が小型拳銃より物騒なものだと思われがちだ。確かに、サイズが大きい拳銃は見るからに迫力がある。だが小型の拳銃でも、人をビビらせるには十分。「サイズがどう」と言うより、それが拳銃であることが問題なのだ。

今回は、「モノとそのサイズ」について考えさせられる事件を取り上げたい。何のサイズかと言うと……腰ではなく、男性が体の中心でぶら下げている「拳銃」のサイズである。

続きを全部読む

【衝撃事件】ゆがんだ欲望か? 一種の衛生対策か? 下半身を露出して逮捕された男の動機が話題に

機転の利いたひと言でピンチを脱出する――スパイ映画などで、よく見られるシーンである。そして、そのセリフが鮮やかであればあるほど、胸がスーッとする気持ちよさを感じる人は多いだろう。

しかし、映画と現実は違う。実際には、窮地の時のひと言が、ダッサダッサの決まり方をしてしまうことだってある。今回は、その究極の例を紹介しよう。ある事情で警察に確保された男性の言い分が、ダサいのひと言なのである。

続きを全部読む

【猥褻】寺で下半身を露出した学生バイトについて大学が謝罪 / 2ちゃんねるの捏造発言の言い訳

お寺でのアルバイト中に下半身を露出させ、女児や参拝客に接客をして問題視されていた甲南大学ラグビー部の学生。その画像がインターネット上に掲載され、大きな物議を醸していた。当初、この学生は画像に対して「2ちゃんねるの捏造」と証言していたというが、新たな事実が判明した。

問題発生から数日後、学生の通う大学が公式に謝罪し、所属していた部活動が無期限の活動停止処分になったことが判明したのだ。このことについて大学側に問い合わせてみたところ、「画像は2ちゃんねるの捏造」と発言したことについて意外なコメントを得ることができた。

続きを全部読む