【遠隔操作事件続報】東京近郊の雲取山で記録媒体が発見される

2012年夏から秋にかけて、他人のパソコンを遠隔操作して犯罪予告を繰り返す事件が発生しました。この事件は現在もなお、逮捕された30代男性の容疑者に対し捜査が続いています。

・逮捕から3カ月で記録媒体発見
逮捕前に容疑者は、事件に関する記録媒体を東京近郊の「雲取山」に隠していると伝えていました。2013年1月の段階で発見されなかった記録媒体が、5月16日に発見されたとのことです。あらためて、大まかな事件の流れを振り返ってみましょう。

続きを全部読む