「障害」にまつわる記事

【検証】目隠しして通勤したらこうなった / 目の不自由な人のためにだけでも「歩きスマホ」はやめるべきだと思った話

いきなりだが、謝罪したい。つい先日、お恥ずかしながら歩きスマホをしていた際、目の不自由な方とぶつかりそうになってしまった(ぶつかってはない)。明らかに落ち度はこちらにあり、背筋がヒヤッとしたことを覚えている。本当にごめんなさい。

今や社会問題になりつつある「歩きスマホ」だが、具体的な改善策は見つかっていない。現時点では1人1人が「歩きスマホはやめよう」と意識するしかないのだ。とはいえ、悪いとは思いつつも、歩きスマホをしてしまう気持ちはよくわかる……。一体どうすれば、本気で「歩きスマホをやめよう」と思えるのだろうか?

続きを全部読む

【緊急事態】全国でLINEが正常に送れない障害が発生中 / ネットの声「LINE調子悪い」「既読スルーになってる人すいません」

2016年3月11日18時現在、チャットアプリ『LINE』でメッセージが送れない障害が発生している。Twitterでは「LINE調子悪い」「送れない、私だけ?」などとユーザーから困惑の声が寄せられ、緊急の連絡が取れないと焦っている人もいるようだ。

続きを全部読む

【感動動画】生まれつき指のない男性が演奏するピアノの音色が心を揺さぶられるほど美しい

現在、見る者に感動を与えるピアノ演奏動画が話題だ。演奏者は有名ミュージシャンでもなく、どこにでもいる少年。ただ、普通のピアノ奏者と違うのは “指がない” ということである。

普通であれば両手の指10本で鍵盤を押すが、生まれつき指のない彼は、手で器用に演奏していく。そしてその音色が心を揺さぶられるほど素晴らしいので、ぜひ動画をご覧いただきたい。

続きを全部読む

タイ生まれの「脚を持たずして生まれてきた女性モデルの半生」に感銘を受けること間違いナシ!! 現在はパラリンピックに向けてトレーニング中!

五体満足で生まれてきても、どれだけ自分が恵まれているか自覚できずに、ちょっとしたことで不平不満を言ってしまう人間は少なくない。

そんな我々を感化して、気持ちに喝をいれてくれること間違いナシの女性がいるので紹介したい。脚を持たずして生まれきた女性がモデルの仕事を始めて、スポーツも得意な彼女は、現在パラリンピックに向けてトレーニング中だというのだ。

‟脚がない” というハンデをもろともせず、前向きに努力を続ける彼女の半生からは、きっと学べることがあるのではないだろうか。

続きを全部読む

【感動】生まれつき足に障害を抱える幼児が義足と歩行器ではじめての一歩を踏み出す瞬間映像

現在、世界中の人々の心を揺さぶっている動画がある。動画のタイトルは「KAYDENS KINCKLE 1ST STEPS WITH WALKER BY HIMSELF」。生まれつき足に障害を抱える幼児が、義足と歩行器ではじめての一歩を踏み出す瞬間映像だ。

この動画は、アップから1週間もたたないうちに再生回数が50万回を突破した上に、海外のニュースでも取り上げられることに。その理由は極めて簡単。何度見ても心に響く、圧倒的な感動映像だからである。

続きを全部読む

両手のない男性がキーボードを華麗に弾きこなす動画が話題 / ネットの声「ぶっ飛んだよ」「感動した」

現在、キーボードを演奏する1人の男性の動画が、世界中で反響を呼んでいる。その男性は、なんと両手がないのだ。二の腕の一部は残っているものの、そこから先の部分、つまり腕のほとんどがないのである。

ところが、彼は腕の一部とアゴを器用に使い、華麗にキーボードを弾きこなしているのだ! そしてその様子は、世界中の人を勇気付けているもよう。YouTube の動画「Never Limit Yourself Handless Piano Player」で、実際の演奏シーンを確認できるぞ。

続きを全部読む

両手両足のないカイル・メイナードさんがキリマンジャロの登頂に成功! 前人未到の挑戦に込められた思い

アフリカ大陸最高峰として有名なキリマンジャロ。山頂の標高は5895メートル。これまで何千人もの人が山頂に到達してきたが、先月キリマンジャロの山頂に到達したある男性はこれまでの登山者と異なっていた。

その人物はアメリカ人のカイル・メイナードさん(25歳)。先天性四肢切断という障害があり、生まれつき両肘、両膝より先の手足がない。そんな彼がキリマンジャロに登頂したのだ。両手両足の無い人がキリマンジャロの登頂に成功したのは初めてのこと。

続きを全部読む