苦手なのは仕方がないこと? 5人に1人は遺伝子レベルでランニングが苦手という研究結果

ランニングは運動不足の解消や、体力増進のために手軽にできる人気の運動だ。多くの人がランニングに熱中しているが、その一方で、いくら走っても全然走れないという人もいる。

そんなどんなに頑張っても長距離を走れない人に悲しいお知らせだ。もしかしたら、あなたは遺伝子レベルで長距離走が苦手かもしれない。専門家が「5人に1人はランニングが苦手な遺伝子を持っている」ことをつきとめたというのだ。

続きを全部読む