「鍛冶」にまつわる記事

【検証】16mのアルミホイルを2時間ハンマーで叩き続けたらこうなった

突然だが、刀鍛冶ってカッコいいよな。私(中澤)は、何度か日本刀の取材をしているが、名刀のきらめきには心が吸い込まれそうになる。とても鉄とは思えない。もはや錬金術のレベルだ。

刀鍛えたいわー。だがしかし、私が刀を作ると銃刀法違反になってしまう。そこで、アルミホイルをハンマーで鍛えてみることにした!

続きを全部読む

【衝撃実験】井村屋『あずきバー』の硬さをガチ測定したらこうなった / 一瞬サファイアを越える硬度に到達! あずきバー、恐ろしい子!!

世界一硬い天然鉱物はダイヤモンド。では、世界一硬いアイスとなれば、間違いなく井村屋『あずきバー』であろう。その硬さは釘をも打てるレベル。優しい甘さとは裏腹に、鋼のボディをもつアイスだ。

そんなあずきバーの硬さをめぐって新事実が判明したようだぞ。その硬度をガチ測定したところ……あずきバーが、一瞬、サファイアを越える硬さに到達したというのである。サファイアってダイヤの次に硬い宝石でしょ! マジかよ!?

続きを全部読む

【絶景】岐阜県関市の「モネの池」がマジ綺麗すぎ

岐阜県関市といえば、鎌倉時代から日本刀の鍛冶で有名だ。関鍛冶とも言われており、数々の名刀を生むと同時に、松尾芭蕉の弟子にして “風狂の俳人” または “俳諧の狂者” ともいわれた広瀬惟然(ひろせいねん)を生んだ地としても有名である。

そんな関市に、これまた有名な池がある。有名なのに、名前は無い。だが、その美しさから、皆からは「モネの池」と呼ばれているという。一体なぜ “モネ” なのか? 雪降る山道をローギアで走る道すがら、通りかかったので行ってみた。

続きを全部読む