【立ちそば放浪記】やみつき必至の暗黒汁! 漆黒の翼を広げる堕天使のそば屋・浅草橋『野むら』

太古の昔から変わらず存在する「闇」。いくら電気が夜を照らそうとも、闇が消えることはない。そんな闇を抱くそば屋が、浅草橋にある『野むら』だ。一度沈んだら上がって来られないような深淵を感じさせる真っ黒なそば汁は、人呼んで「野むらの暗黒汁」。はたして、その味やいかに!?

続きを全部読む