2013年9月4日17時10分、名古屋市全域に避難準備情報が出された。情報をうけ、人口約226万の大都市に激震が走っている。

名古屋市を抱える愛知県では、同日17時ごろに気象庁より「土砂災害警戒情報」、その約30分後に「記録的短時間大雨情報」が発令されていた。そして17時10分の段階で、市の全域を対象とした「避難準備情報」が出されたのだ。

避難準備情報とは浸水時などに、いわゆる災害弱者である高齢者や障がい者を早めに避難させるために発令するもの。Twitter に投稿された、「緊急速報(エリアメール)」をキャプチャした画像には、以下のように書かれている。 続きを全部読む