【ネタバレ注意】映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が酷評されまくりなので本当か観に行ってみた →感想「原作ファンは激怒しても仕方ない」

【注意】この記事にはネタバレ要素や、製作者の方を乏しめる意図はありませんが映画に対する残念な評価が多く含まれておりますので、気になる方は閲覧を避けてください。

人気マンガ『進撃の巨人』を実写化した映画2部作の前編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が、インターネット上であまりにも残念な評価をされている。

いったいなぜ酷評されているのかというと「立体機動装置のアクションがイマイチ」、「巨人がオッサンとオバサンしかいない」など色々とあるのだが、やはり一番多い声は「原作を無視した展開が酷い」ということのようだ。

続きを全部読む