「讃岐うどん」にまつわる記事

そばと味玉の美しき共演! 新宿駅出てすぐの讃岐うどん『かのや』はそばもイケる!! 立ちそば放浪記:第102回

立ち食いそばの良いところの1つは、大体駅の近くにあってお手軽なところ。「そば食べたいな」と思った時にすぐ食べられる。ここが、忙しい日本のサラリーマンにとって強い味方となるわけだ。

特に、スーツ姿の大人が多い新宿ともなると需要も果てしない。というわけで、新宿駅東南口の目の前にある『かのや』をご紹介しよう。看板では「讃岐うどん」の方が目立っているが、実はここ、そばもイケるのだ

続きを全部読む

冷凍食品なのに店で食べているかのよう! カトキチの「肉うどん」が何度食べても飽きないウマさでマジ至高

冷凍食品だからどうせウマくないでしょ。そのように思っている人は決して少なくないだろう。それもそうだ、食品を一度凍らせているから味が落ちると言われたら納得してしまう。お店の出来立て料理をしのぐことができるかと言えば、おそらく不可能に近い。冷凍食品だから……これまで私(筆者)もそういう風に思っていた。

しかし、冷凍食品をいろいろ食べているうちに固定概念を覆してくるうどんに出会ってしまった。ズバリ、カトキチ(テーブルマーク株式会社)の「讃岐麺一番 肉うどん」。これがそんじょそこらの冷凍食品と一線を画すクオリティーで、いまや週3ペースくらいで食べるほどハマる私史上最高の冷凍うどんだったのだ。

続きを全部読む

【朗報】俺たちの「はなまるうどん」が3カ月連続で『温玉ぶっかけ』を半額にするってよォォォオオ! 毎月15日は「はなまる」に走れ!!

2018年が……キタァァァァァアアア! 諸君、あけましておめでとう。2017年はいい年だったかい? たぶんだけど、2018年はもっと最高の年になると思うぜ! 勘だけどな!! と浮かれていたら、さっそく激アツすぎるニュースが飛び込んできやがったんで、よ~く聞いてくれ。

ななななんと、俺たちの心のうどんチェーン「はなまるうどん」が、定番メニューである『温玉ぶっかけ』を半額にするというのだ! しかもしかも、1月から3月の毎月15日に実施するというではないか。3カ月連続かよオイ!! これは新年から幸先がいいぞ~。

続きを全部読む

ジブリの新たな聖地誕生! 元ジブリスタッフによるうどん屋「うどんや大門」には宮崎駿の激レアイラストもあり!! 東京・中野

長きに渡り人々を魅了し続けるスタジオジブリ作品。ご存じとは思うが、ジブリには様々な聖地が存在する。都内で言うと、三鷹の森ジブリ美術館や聖蹟桜ヶ丘などが有名だ。そして先日、新たな聖地と呼ぶべきスポットがまた1つ誕生した。実はそこ、うどん屋なのである。

東京の中野ブロードウェイ地下にオープンした「うどんや大門」。こちらの店主は、なんとジブリの元スタッフなんだとか。プロデューサーの鈴木敏夫さんがのれんの文字を書いており、店内には宮崎駿さんのサインも飾られているぞ。ジブリファンは要チェックだ!

続きを全部読む

【うどん県】早朝6時に1時間並んで食べた「釜バターうどん」がウマすぎて泣けた / 香川『手打ち十段うどんバカ一代』

香川県といえば、もちろん日本最強の「うどん王国」である。一説によると、県内にはコンビニよりもうどん屋の方が多いそうで、テキトーに店を選んでもだいたい激ウマうどんに出会えるらしい。うどん好きにとっては天国に最も近い県と言えるだろう。

さて今回は、そんなうどん県で抜群の個性を発揮している『手打ち十段うどんバカ一代』を紹介したい。人気メニューの「釜バターうどん」を食べるため、早朝6時の開店時間に合わせて現場に訪れたのだが、店頭にはすでに約50人の行列が……って、いくら何でも人気ありすぎだろォォォオオオオッ!!

続きを全部読む

【激ウマ高コスパ】舞茸天がそびえ立つ本格讃岐うどん! 向ヶ丘遊園『宗』のぶっかけうどんが夏に最高すぎる!!

夏が来る~♪ いつも夏は来る~♪ 両手広げて待っている! 初夏の季節になると、大黒摩季さんの『夏が来る』が脳内再生される私(中澤)は34歳。夏を迎えるのも34度目となると、素直にテンションが上がるばかりではない。今年の夏も何も起こらずに終わるのかな……そろそろ体力ももたなくなってきたし。

このサビの後に続く歌詞はそんな微妙なサーティーズの気持ちを代弁している。「年をとるのは素敵なことです イジけないネタまない間違ってなんかない」と。そう! 私は今そういう気持ち!! そんな人にオススメしたいのが向ヶ丘遊園『宗(むね)』のぶっかけうどんだ。抜群の讃岐うどんと舞茸天を食べて、アラサーの夏を駆け抜けろ!!!!

続きを全部読む

【マジかよ】「日本三大うどん」を調べたら5種類以上も候補があったでござる / 白黒つけるため『日本うどん学会』に聞いてみた結果

世界三大珍味といえば、トリュフ・フォアグラ・キャビア。日本三景といえば松島・天橋立・宮島……などなど、世の中には多くの「三大○○」が存在する。オリンピックのメダルも銅メダルまでだから、TOP3に選ばれることは栄誉あることなのだろう。

つい先日、群馬県の水沢を訪れたときのこと。水沢の名物といえば『日本三大うどん』のひとつに数えられるという「水沢うどん」なのだが、「他の2つは何なんだろう?」と思い調べてみたところ……5個も6個も候補があるではないか。これは一体……?

続きを全部読む

【グルメ】タモリさんも愛するという福岡・博多の「うどん平」 / 麺にコシがなくてまるで飲み物!

うどんといえば、おそらく多くの人が讃岐うどんを思い浮かべると思う。大手チェーン店の提供するコシの強いうどんが全国的に知れ渡っている。しかし、芸能界でも屈指の食通として有名なタモリさんは、コシの強いうどんをあまり好まないのだとか。

そんなタモリさんが取り分けお気に入りのお店があるという。それが「うどん平(たいら)」だ。タモリさんが好むうどんとは一体どんな味なのだろうか? 実際に食べに行ってみた!

続きを全部読む

【食べログ☆4以上の店】人生初の衝撃なめらか讃岐うどんに香川移住が頭をよぎった 神保町『うどん 丸香』

日本最大級の口コミグルメサイト「食べログ」。お店選びで利用している人も多いことだろう。ただし、そこまで評価が高くなくても美味しいお店はたくさんあるし、逆もまた然りである。あくまで参考程度に眺めるのが、上手な活用方法かもしれない。とは言うものの……。

食べログ全体で、0.14%しかないとされる☆4以上のお店は、高確率で美味しいに違いない! 探してみると、☆4以上、しかも平均予算999円以下のお店を発見した……! 口コミに「本場・讃岐うどんにもヒケを取らない」とある、東京は神保町の「うどん 丸香」であるっ!!

続きを全部読む

本場の讃岐うどんに全くひけをとらない「うどん店」を東京で発見! コシがありすぎて箸で持ち上げた時にズッシリくるぞ!!

うどんの本場と言えば香川県だ。「うどん県」とPRしているだけあって、確かに香川県内には美味しいうどん店が多い。

だがしかし! 東京にも本場の讃岐うどんにひけを取らないうどん店があった。今回はそのうどん店を紹介したい。どんなうどんなのかと言うと、とにかくコシが強いのだ。

続きを全部読む

【愛媛×香川】JR松山駅で食べられる讃岐うどんに愛媛名物 “じゃこ天” がのった『じゃこ天うどん』は「四国キターッ」って叫びたくなる味

四国の愛媛県の名物と言えば、何と言っても「ポンジュース」。……だけじゃない!! 地元以外でほとんど流通しない魚を使った練り物「じゃこ天」だって忘れてはいけない。

・JR松山駅にある安岡蒲鉾のじゃこ天

「じゃこ天」は、大分と愛媛の間にある宇和海(うわかい)で水揚げされた「ほたるじゃこ」と呼ばれる魚をすりつぶし、カラっと揚げた練り物だ。「愛媛と言えばミカン!」と思ってしまうが、じゃこ天だって約400年もの歴史があるという。

じゃこ天の老舗ひしめくのは宇和島だ。だが、愛媛県の玄関・松山空港に程近いJR松山駅にも直売所があり、宇和島まで行けない観光客も気軽に食べることができるのである。

続きを全部読む

【完全勝利】丸亀製麺が他店に「丸亀使うな看板から外せ」とクレームつけた騒動が決着! 丸亀製麺「今後アクションは起こしません」

うどんチェーンレストランの『丸亀製麺』が、ロサンゼルスの人気うどん店『丸亀MONZO』(もんぞう)に対して「店名に丸亀使うな」「1か月以内に看板から外せ」と内容証明を送って物議を醸していた件で新たな事実が判明した。

・丸亀製麺との件について決着宣言
『丸亀MONZO』のうどん職人の師匠が、FM香川の人気番組『うどラジ』に出演し、丸亀製麺との件について決着宣言をしたのである。師匠は丸亀市で人気うどん店『夢う』の店主をしている人物。以下は、『丸亀製麺』から内容証明が届いたときの解説である。

続きを全部読む

ローソン通販の『るみおばあちゃんの讃岐うどん』ウマすぎてやべえぇぇぇ!

るみおばあちゃん~!! ああ~~~!! なるほどなるほど!! ああ、ああ~~~~!! るみおばあちゃん~!! なるほどーーーー!! ああ~~~!! これは確かにウマすぎるわ! なるほどなるほどーーーー!!

・「トップクラスの味」だと断言
『るみおばあちゃんの讃岐うどん』ウマすぎてやべえぇぇぇ! 購入者のほとんどが大絶賛しているので試しに買ってみたのだが、通販で買える生タイプの讃岐うどんとしては「トップクラスの味」だと断言しよう! そりゃ大絶賛するわ。

続きを全部読む

『丸亀製麺』が他店に「丸亀という名称を使うな」とクレーム? 詳細を運営会社『トリドール』に聞いてみた

先日、アメリカ合衆国ロサンゼルスにあるうどん店『丸亀もんぞう』(MONZO)に対し、人気うどんチェーン店『丸亀製麺』が、「店名に丸亀という名称を使うなとクレーム」をつけてきたと話題になった。

・ネットユーザーは違和感 → 丸亀製麺が炎上
インターネット上では「地名なのになぜ?」や「そもそも丸亀製麺は丸亀市発祥でもないし丸亀市には一店もないのに」などと批判が殺到。いわゆる炎上状態となった。

・丸亀製麺より回答を得られた
この件を丸亀製麺の運営会社『トリドール』はどのように見ているのだろうか。同社より回答を得られたのでご紹介したい。詳細は以下のとおりだ。

続きを全部読む

【丸亀うまい】讃岐うどんの名店『丸亀もんぞう』が絶品すぎる件 / 伝統を守りつつ革命的な味も楽しめる

讃岐うどんの名店『丸亀もんぞう』(Marugame Monzo)は、カリフォルニア州ロサンゼルスで大盛況の讃岐うどんの名店だ。香川県丸亀市の人気うどん店『夢う』で修行をした職人たちが働いており、その腕はまさに「讃岐丸亀」で培われた伝統を受け継ぐ匠。

・あらゆる国の人が食べにくる
まだオープンして数カ月の『丸亀もんぞう』。それでも「大盛況」ということは、そこに確かな味があることを意味する。日本人や日系人のみならず、あらゆる国の人が食べにくるらしい。その味を堪能するべく、実際に行ってみた。

続きを全部読む

うどん屋で「具の全部乗せ」を注文してみた / やっぱり讃岐うどんは最高にウマいわ

うどんといえば香川県! 香川県といえばうどん県! うどん県といえば讃岐うどん! どうしてうどんは人の心を魅了するのだろうか? 何杯食べても飽きないその味は、ラーメンや蕎麦にも負けない魅力を秘めている。

最近は『楽釜製麺所』や『丸亀製麺』、『はなまるうどん』などのファストフード系うどん店が増えてきているため、今までより手軽にうどんを食べられるようになった。なんだか急にうどんを食べたくなってきたぞーッ! ということで、うどん店に行って「具の全部乗せ」を注文してみた。

続きを全部読む