「警告」にまつわる記事

【どうした?】佐川急便のホームページ、詐欺サイトの危険性があるとしてブロックされる

ヤマト運輸と並ぶ大手配送会社・佐川急便。日常的に利用している人は非常に多いと思うが、なにやら佐川急便のホームページの様子がおかしい。

本日2018年7月11日、パソコンから佐川急便の公式サイトにアクセスしてみたところ、真っ赤な画面が表示され、そこから先に進めなくなってしまったのだ。一体何があったというのか?

続きを全部読む

【恐怖】雑居ビルの店舗共同トイレに貼り出された警告文がヤバい!「無断で使用した場合……」

いくら我慢できないからといって、公(おおやけ)の場で大小の排泄をすることは許されない。場所によっては軽犯罪にあたる。ではトイレならどこでもいいのかと言うと、公共の施設でない限りは、個人のお店のトイレを黙って使うのも問題があるだろう。

最近、飲食店が入る建物で、驚くべき注意書きを発見してしまった。店舗共用のトイレを無断で使う人がいるらしく、ビルの管理会社は無断使用への怒りを抑えつつ、かなり厳重な注意を促している

続きを全部読む

【実体験】Twitterアカウントを乗っ取られたらこうなる / 前兆メールに犯人の手がかりが!?

泥棒に入られた! ……と思ったら、何も取られていない上に荒らされた形跡もない。しかし、何者かが家の中に侵入した痕跡だけがはっきりと残っている。いったい誰? ……というか侵入したヤツよ、お前何がしたかったんだ!? 

──Twitterアカウントを乗っとられた直後の私は、まさにそんな気分であった。「何もされなくて良かった」という安堵感と、「気持ち悪っ!」という感情が入り混じったような感じというか……。とにかく、そのときに起きたことをありのままに話そう。

続きを全部読む

【これは酷い】真岡鉄道がマナーの悪い撮り鉄に「もう来ないで」と警告! 沿線の花畑が無残な姿に / ネットの声「ここまでして撮りたいものって何?」

乗り鉄、撮り鉄、音鉄! 「電車好きに悪い人はいない!」……と言いたいところだが、いまある鉄道がモラルなき鉄道ファンに対し公式に苦言を発し、注目を集めている。「もう来ないで」とまで言っているのだ。

公式にここまで言わせるとは、一体何が起きたのだろうか。

続きを全部読む

チェコの「立ちション警告標識」がパンチ力抜群! “放水中” でもグッと我慢して止めたくなるレベル!!

路上で “小” をする行為、いわゆる「立ちション」。以前本サイトでは、インドでの立ちション対策を紹介した。路上で用を足している人に対して放水するという、なかなかハードな方法であった。

今回は、チェコで見られた “立ちション対策” を取り上げよう。その方法は、インドのような直接的な妨害ではなく、標識による警告だ。これだけ聞くと「ありがち」と思うかもしれないが……そのイラストがインパクト絶大! 立ちションの常習者が見ると、“放水中” でもグッと我慢して止めたくなるレベルである!

続きを全部読む

【過激すぎるため閲覧注意】海外で見つけたタバコの注意喚起が「見ただけでタバコを投げ捨てたくなる」ほど強烈!!

日本でタバコを買うと、「喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます」という注意書きがパッケージに書かれている。一応、警告である。それを読んで、どれだけの人が危険性を感じるのかは謎だが、とりあえず警告だ。

一方、海外で販売されているタバコの注意喚起は、日本のタバコに比べて、はるかに強烈だとよく言われる。今回は、そのことがよく分かるタバコのパッケージ画像を紹介しよう。取り上げるのは、ブラジルのタバコなのだが……過激すぎて、完全に閲覧注意のレベルである!!

続きを全部読む

専門家「男性には性機能障害・女性には肌トラブルを警告すると禁煙に対するモチベーションが上がる」

タバコの箱を見ると、「喫煙は肺がんの原因になります」「喫煙は脳卒中の危険性を高めます」といった注意書きが書かれている。「病気の原因になる」という内容で禁煙を促す広告やスローガンもいろいろある。だが、これらを見て禁煙に対するモチベーションが上がり、タバコをやめられた人はどれくらいいるだろうか。

・禁煙に対するモチベーションが上がる
こんな疑問について、イギリスのある研究者が興味深い調査結果を発表した。それによると、男性には性機能障害を、女性には肌トラブルを訴えたほうが禁煙に対するモチベーションが上がるというのだ。

続きを全部読む