【美しい終活】難病で亡くなった父親がしたためた「娘が誕生日に開封する17年分の手紙」が感動的!

自分の死に向けて、お墓や葬儀の準備を整えて “終活” をする人がいるが、なかには残される家族への想いを手紙にしたためる人もいる。

そんな想いを手紙に託し闘病のすえ亡くなった、一人の父親がいる。彼の死後、娘が誕生日に開封する17年分の手紙が発見され、大きな感動を呼んでいるのだ。彼の美しい終活を知ったら、悔いのないよう生きることの大切さを痛感せずにはいられなくなってしまうだろう。

続きを全部読む