「訛り」にまつわる記事

「僕は大丈夫」って喋るカラスがイギリスにいるってマジ? そう聞こえる? じっくり聞いてみて!

犬や猫を飼っている人は、「ペットが話せたら楽しいのになあ~」なんて思うことがあるに違いない。

人間を真似て喋ることが出来る動物といえばオウムやインコの名が挙がるが、思わず「もしかしたらカラスも言葉を喋れるのかも……?」と言いたくなってしまう動画が話題になっている。「アイム・オーライト:僕は大丈夫」と言っているかのようなカラスが、イギリスで激撮されたというのだ。

続きを全部読む

【困惑】元道民だけど、カーリング女子で流行ってる「そだねー」って何なの?

連日のように熱いドラマが繰り広げられる平昌オリンピック。本日2018年2月23日に韓国と対戦するカーリング日本女子は、勝てばメダルが確定することもあり、その勝敗に大きな注目が集まっている。

さて、カーリング女子というと、彼女たちの間で交わされる「そだねー」という北海道弁が話題だ。スポーツニュースなどで聞いたことがある人も多いのではないか。しかし、このワードを聞いた元道民の私(あひるねこ)はこう思ったのである。「そだねー」って、何?

続きを全部読む

「青森県民 vs 滑舌悪い芸人」のラップバトル第2弾が公開! 青森県民の言葉が超難解でビビった!!

秋田、大阪、沖縄などなど、方言のきつい都道府県は数あれど、ひときわ難解な方言をもつと言われているのが「青森県」だ。そんな青森県が、観光PRの一環として、滑舌の悪い芸人として知られる諸見里大介さんと、青森県民がラップバトルを繰り広げる動画「ディス(り)カバリー青森」の第2弾を公開した。

昨年2016年12月に公開された第1弾は、公開3カ月で35万回の再生を記録し好評だったというが、第2弾はどんな内容に仕上がっているのだろうか? 

続きを全部読む

専門家「酔っ払うと出身地の訛りが出るのは脳に負担がかかっているから」 / 体力低下中にも同じ現象が起こる

普段の生活では出身地の方言を使わなくなったのに、なぜか酔っ払うと地元訛り(なまり)で喋っていたという経験はないだろうか。こんなとき、意識して訛りを隠そうとしてもなかなか隠しきれないものだ。

ある専門家によると、これはアルコールが脳に負担をかけることが原因なのだとか。しかも、実は同じ現象が、疲れているときや体調を崩しているときにも起こるという。

続きを全部読む