親父がよく食べていた、醤油っ辛い「たまごやき」【誰も知らない伝統レシピ】

外の世界の「たまごやき」は、まるでスイーツのように甘かった。一方、うちで出てくる「たまごやき」は、甘さなんて一切なし、ごはんのお供か、酒のツマミとしてピッタリくるような “醤油っ辛い” 感じであった。

それゆえ、「たまごやきとは何なのか?」と、幼いころから悩んでいた。甘いのか、それとも醤油っ辛いのか。どっちが「たまごやき」なのか。

大人になってから答えは出た。うちのたまごやきが独特だったのだ……と。それでは紹介しよう。これが羽鳥家の「たまごやき」だ。

続きを全部読む