「被害」にまつわる記事

台風の目がはっきり! アメリカで記録的な猛威をふるった「ハービー」を宇宙から撮った写真がヤバイ

アメリカが現在ヤバイことになっている。熱帯低気圧「ハービー」による被害が拡大しているのだ。日テレNews24によると、これまでに死者は28人、被害総額は最大で8兆円にものぼると言われている。

人類にそんな悪夢のような被害をもたらす「ハービー」は、皮肉にも宇宙から見るとヤバイくらい美しい。壮大に渦巻く雲の中心には目がはっきりくっきり写っている。

続きを全部読む

【まんが】スマトラ島沖地震の津波のとき無事だったスリランカのネットカフェ / 生き残れた衝撃の理由とは?

今なお記憶に新しい津波といえば、2011年に日本で発生した「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)」での津波である。数多くの犠牲者を出した、未曾有の大震災だ。同じく、多くの犠牲者を出した津波として思い出されるのが、2004年に発生した「スマトラ島沖地震」である。

被災した国はインド、タイ、ミャンマー、モルディブ……などなど、様々であるが、最も多くの犠牲者が出たのはインドネシアの死亡者数13万1029人。続いて死亡者が多かったのが、3万5322人のスリランカだ。今回ご紹介するマンガは、そんなスリランカのお話である。

続きを全部読む

【動画あり】埼玉と千葉で竜巻発生! 屋根やトラックが吹き飛ばされる被害が起きている模様

埼玉県と千葉県で竜巻とみられる突風が吹き荒れ、被害が出ているようだ。竜巻が発生したとみられるのは、埼玉県・越谷市と千葉県・野田市の境あたり。2013年9月2日14時15分ごろに突風が吹き、屋根や車両が吹き飛ばされる被害が発生したようである。

続きを全部読む

様々な数字で見る日本再建への道のり

3月11日の地震から2週間以上経った今も、余震と放射能の恐怖が東日本を覆うなか、海外メディアが「数字による日本の再建」と題して、日本が今回の災害から復興するために必要なことや被害の大きさなどを数字で表している。

以下が、ニュースサイト「The Week」が3月22日付で報道した主な数字だ。

2470億ドル(約20兆70億円)
与謝野経済財政担当相が発表した、復興に必要とされる額

2350億ドル(約19兆350億円)
世界銀行が発表した、復興に必要とされる額

1000億ドル(約8兆1000億円)
1995年の阪神大震災時に復興に要した額 続きを全部読む

大地震による津波での損害、カリフォルニアでも41億円超の見込み

今回の東北地方太平洋沖地震の津波による被害の甚大さは、各メディアを通じて映像などでご覧になった方も多いだろう。そして、地震による津波は、遠く米カリフォルニア州まで及んだ。カリフォルニアの海岸沿いにある埠頭や港湾施設、船などが水の壁となった津波によって破壊されているのだ。

そして、クレセントシティやサンタモニカ・ベイでは強い潮流が続いている。この津波で1名が死亡し、少なくとも5千万米ドル(約41億円)の損害が見込まれると、専門家は話している。カリフォルニア州ハンボルト郡にある、ハンボルト地震教育センター所長で地質学教授のローリ・デングラー氏によると、現時点での損害予測はあくまでも仮定的なもので、今後さらに増加する可能性があるとのことだ。「損害はさらに増加するでしょうね。どの程度まで行くかは、私は予想しないわ。カリフォルニアにとっては、高くつく出来事ね」と同氏は言う。 続きを全部読む