「衛星」にまつわる記事

宇宙からのパワーによってマサイ族はテレビを見る / マサイ通信:第421回

スパ! ルカだ。マサイ族の戦士・ルカだ。ところでみんなはテレビを見ているか? 誰かが「忙しくてテレビを見るヒマもない」って言ってたみたいだけど、オレもテレビはめったに見ない。なぜならテレビがないからだ。ついでに言うなら電気もな。

でも、実はたまに見ている。オレの村の近所に住む、オレの友人のマサイ族んちに行って、ニュースとかを見させてもらう。なんとオレのダチ、金持ちならぬ「牛持ち」でな。マサイ族の牛持ちつったら自動的に金持ちでな。立派な家もあるしテレビもあるのよ。

続きを全部読む

提供:スカパー!

【星に願うよりも叶いそう】 『衛星に願いを』キャンペーンがロマンに溢れてる / スマホから衛星に「大切な誰かと叶えたい願い」を放つのだ

そろそろ2015年の足音が聞こえるころ、「新年の目標」を考えている人もいることだろう。来年、あなたが叶えたいのはどんな願いだろうか? もしかしたら、ものすごくロマンチックな方法でその願いを叶えられるかもしれないぞぉ~!!!

続きを全部読む

【衝撃動画】もしも月が国際宇宙ステーションと同じ距離にあったら地球からはこう見える

地球の周りをグルグルと回っている小惑星、それが月だ。地球からの距離は約38万4400km。もしも地球から月までの高速道路が開発されたとして、時速100キロで走ったとしても、3844時間かかる計算。不眠不休で160日間走り続ける計算だ。これは遠い!

一方、人間も生活している「ISS」こと国際宇宙ステーションは、地上から約400kmの距離を飛行中。もしも「ISS高速道路」があるならば、時速100キロで4時間で到着! なにげに近い。そこで今回ご紹介したいのは、もしも月が国際宇宙ステーションと同じ距離にあったら……という映像である。

続きを全部読む

【衝撃映像】千葉県流山市に謎の物体が落下か / 飛行機? 衛星? それともUFO?

現在、海外のオカルトファンの間で話題になっている動画がある。タイトルは「Fall!Nagareyama JPN 2011.9.25」、その名の通り、2011年9月25日に千葉県流山市で撮影された動画であるという。

内容はいたって単純。夕暮れか朝焼けか、オレンジがかった空にカメラを向け、何かが落下していくようすを撮影したものだ。

続きを全部読む