「蚊」にまつわる記事

たった2晩で8000匹もの蚊を駆除する方法が簡単なのにスゴい!

夏と言えば、蚊だ! 「あ〜ん、かゆい〜」などと大騒ぎしながら痒み止めを探したりするのも、また夏の楽しい思い出。でも、できれば刺されずに済むのが1番だ。感染症も恐いしね。

ということで今回は、たった2晩で8000匹もの蚊を駆除しちゃう動画をご紹介したい! 8000匹……って、マジかよ!?

続きを全部読む

【世界を救う発明】バイクで走るだけで蚊が全滅!? タイの蚊を駆除する「人類最強装置」がスゲーぞー!

世界で最も人を殺している動物だと言われ、疎まれている蚊。現在では、中南米を中心に蚊を介してジカ熱が流行し、多くの人が感染している。対策の一環として蚊帳(かや)が配布されたり、ボウフラを食べるグッピーが放流されたりしているようだが、敵はあまりに小さく強い。

しかしこの度、蚊から世界を救うスゴい装置が開発されたという。なんとバイクに乗って走るだけで、町中の蚊が退治出来るというのだ! その詳細動画についてお伝えしたい!!

続きを全部読む

【iPhone6行列】これから行列参加を予定している人は虫刺され対策も十分に! 備えを怠るべからず

iPhone6の発売開始に向けて、次第にアップルファンは盛り上がっているようである。アップルストア銀座前には、2014年9月6日から行列ができ始め、15日夜の段階で約40人が並んでいるという。そして、表参道のソフトバンク前にも最初の行列参加者が到着したとの情報が入っている。

これからますます発売日に向けてボルテージが高まりそうなのだが、行列参加者はひとつ十分に注意しなければならないことがある。それは虫対策だ。無防備な状態で蚊にさされると、デング熱に感染する可能性も否めない。長時間外にいなければならないので、できる対策は講じるべきだ。

続きを全部読む

代々木公園に生息する「蚊」を騙るTwitterアカウントが続々登場 / 蚊の父・妹・嫁・従兄弟・友達など増えまくっている

デング熱の感染者が拡大の一途をたどっている。NHKが報じるところでは、感染者は確認されているだけで、14都道府県で80人とのこと。2014年8月に70年ぶりに感染が確認されて以来、おさまる気配がない。東京・代々木公園の大半、新宿御苑は当分閉鎖されている状況だ。

そんななか、「代々木公園住みの蚊(@YOYOGINOKA)」を名乗るTwitterアカウントが登場して、ネット上で注目を集めていたようである。当該アカウントはすでに凍結されているのだが、このアカウントを真似したようなものが続々と登場。あたかも代々木公園の蚊の家族であるような名前で、さまざまなツイートをしているのである。これは一体!?

続きを全部読む

デング熱対策で安易に「虫よけアプリ」を購入しないよう注意 / 有料版を購入して泣きを見た人もいるんだぞ

国内で感染が拡大しつつあるデング熱。東京・代々木公園でウイルスを保有した蚊が確認され、公園の大部分が閉鎖。中央公園にもウイルスを保有している蚊が存在している疑いがあり、厚生労働省が注意を呼びかける事態となっている。

蚊が媒介になっているので、極力さされないように工夫したいところなのだが、ひとつ注意しておきたいことがある。それは、虫よけアプリの利用である。さされないために用心することは大事なのだが、効果が不明なインチキアプリも存在しているようなので、安易に有料版を購入しないように気を付けよう

続きを全部読む

【デング熱】新宿中央公園で感染した可能性がある患者を確認 / 公園では蚊の駆除作業を実施

現在日本中で広がっているデング熱騒動。2014年9月5日時点では、東京・渋谷の代々木公園で採取された蚊からデング熱のウィルスを持つ蚊が検出され、同公園の大半が閉鎖。加えて、明治神宮でも一部が閉鎖されている。

そんななか、厚生労働省が、東京都・新宿中央公園でデング熱に感染したとみられる患者が確認されたと発表。同公園では、蚊の駆除作業が実施されるようだ。

続きを全部読む

【注意】代々木公園の閉鎖に次いで明治神宮の小道が通行止めに / 明治神宮でも蚊を採取して調査へ

東京・渋谷区の代々木公園は、東京都の調査で公園内からデング熱ウイルスを保有した蚊が発見されたことを受けて、2014年9月4日から公園の大半のエリアを閉鎖した。

実は感染者のなかには、代々木公園と隣接する明治神宮を訪れていた人がいることから、公園に通じる約500メートルの小道の通行が制限されることになった。また、明治神宮でも蚊を採取し調査が行われるという。これ以上閉鎖される区域が広がらないと良いのだが……。

続きを全部読む

【中国】農民が「スーパー蚊取りマシン」を発明! 一晩で5万匹の蚊の捕獲に成功して絶賛される

生活を格段に便利にしてくれる発明品は何も研究所の中だけで生まれるわけではない。専門教育を受けていない民間人が生み出すこともあるのだ。

いま中国の農民が発明した「蚊取りマシン」が神すぎると絶賛されている。何がそんなに素晴らしいのか……なんと一晩で5万匹もの蚊を捕獲するほどの力を持つというのだ! 5万匹!? これはスゴイ!!

続きを全部読む

【素朴な疑問】蚊はなぜ雨粒に当たって死なないの?

日増しに気温が上がってあたたくなると、気になるのがハエや蚊などの害虫だ。特に、蚊に刺されてかゆみに苦しめられるのもこの季節なのだが、皆さんは次のような疑問を抱いたことはないだろうか。蚊のような小さな虫は、雨粒に接触するとその重さで押しつぶされたりはしないのか? と。

実はこの疑問に対して、今まで具体的な答えはなかったのだが、米ジョージア工科大学の研究者は実験により、その詳細なメカニズムを解明した。これを利用して将来的にロボット開発に応用するとのことだ。

続きを全部読む

【トリビア】メキシコでは虫除けのためにビニール袋に水を入れて吊るしている

ハエや蚊、蛾などの虫に悩まされるシーズンがやってきました。窓際に吊るし置きするタイプの殺虫剤や、噴霧するタイプの殺虫スプレーをすでに準備している方もいるかもしれません。最近オランダのデザイナーが、薬剤を使わず「インテリアにもなる虫除け」の販売を開始し、話題を呼んでいます。

その虫除けは、どう見てもガラス玉のようにしか見えません。しかし販売サイトの紹介によると、「メキシコではビニール袋の水を入れて吊るしておく」と書かれているではありませんか。つまりキラキラ光るものを吊るしておけば虫除けになるということ!? どうやらこれには、科学的な根拠があるようですよ。

続きを全部読む