2012年10月中旬以降、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画『黒子のバスケ』の作者、藤巻忠俊先生に対する脅迫状が相次いで送られています。先生の出身校をはじめ、新たにアニメを放映した毎日放送(MBS)にも届いていたことが判明。

さらには、同人イベント会場近くから投函されたことも明らかになり、関係者の間で不安が広がっています。このことを受けて、作品の同人イベント主催者は急遽、予定されていた大阪でのイベントの中止を発表しました。警察と会場の管理会社とともに協議を繰り返したものの、「無念な結果となりました」と悔しさをにじませています。

続きを全部読む