「落雷」にまつわる記事

【龍】雷を超どアップで撮影したらこうなってたって画像にネット興奮「こんな写真は見たことがない」「ほんとに龍みたい」

昨日2018年8月27日、東京を襲った雷雨。私(中澤)が帰りに通った秋葉原では、昼かと思うくらい雷が絶え間なく光っていたし、阿佐ヶ谷の駅前が冠水するなど東京各地に様々な影響を与えた。

そんな中、ある写真家が撮った落雷の瞬間が話題になっている。限りなくどアップで雷を収めることに成功したこの画像。微細な構造までハッキリ映ったその写真にネットは興奮! こんなの初めて見た!!

続きを全部読む

【恐怖の激撮】わずか5メートル先に雷が落ちる瞬間が怖すぎる! その現場は真っ黒焦げに!!

8月も終わりに近づき、厳しい日差しが和らいできているように感じる今日この頃だが、これからは秋に向けて台風のシーズンが到来する。

暴風雨には雷が付き物。「雷に打たれる確率なんて、メチャクチャ低いから大丈夫!」なんて思っていたら、大変な目に遭うかもしれない。というのも、わずか5メートル先に雷が落ちる瞬間が激撮され、その現場は真っ黒焦げに! もし、数メートル立っている場所がズレていたら、動画の撮影者は命を落としていた可能性があるからだ。

続きを全部読む

【マジか】オフィスに座っていたら雷が男性を直撃! 九死に一生を得た男性の体験がガクブルすぎ

日本列島は梅雨に突入し、これから真夏にかけて雷雨が増える時期である。雷が激しい日は念のため外に出ないに越したことはないが、屋内にいたのに雷に打たれてしまった男性がいるという。

オフィスに座っていた時に雷に打たれ、九死に一生を得た男性の体験とはどんなものだったのか。聞くだけでガクブルな詳細は次の通りだ!

続きを全部読む

【衝撃動画】飛行機にカミナリが直撃する瞬間をとらえた恐怖映像が猛烈な勢いで拡散中

自然の力は恐ろしい。そう思わずにはいられない映像が、猛烈な勢いで拡散されている。何があったのかというと、なんと飛行機にカミナリが直撃する瞬間が映像でとらえられたというのだ。

その映像「Delta Lightning Strike」を見て、恐怖を覚える人が続出。YouTubeで公開された動画は、わずか数日で再生数400万回を突破し、500万回も視野に入ってきている。カミナリが直撃と聞いただけでブルッとするが、実際に映像を確認してみよう。

続きを全部読む

【衝撃動画】小田急線の列車に雷が直撃した瞬間の映像がスゴすぎる!!

たとえ朝は晴れていても、夕方になるとゴロゴロゴロと雷の音が……。ドカーンと近くに落ちることも珍しくないのが2013年の日本の夏だ。そんななか、衝撃的な落雷映像が YouTube にアップされていたのでご報告したい。

動画のタイトルは、ずばり「小田急線の列車に雷が直撃した瞬間をとらえた映像(登戸)」だ。まさにタイトル通りの内容であるが、あまりにもスゴい映像なのである!!

続きを全部読む

【注意喚起】雷が鳴ったらパソコンのコンセントは抜いたほうがいい

雷がゴロゴロしてきたら、念の為にパソコンのコンセントは抜いておくべきだ。雷がズドンと家に落ちたらマジでヤバイ。過電圧がコンセントを通じて、パソコンをはじめとする家電製品に襲いかかり、電光石火の勢いでブッ壊れたりするからである!

落雷をナメてはいけない。「ウチは大丈夫」だと安心してもいけない。某有名PCメーカーの電話サポート経験のある某氏は、落雷の恐ろしさを以下のように語っている。

続きを全部読む

【注意喚起】落雷で死亡した人の82パーセントは男性 / ゴルフよりも「釣り」が危険

梅雨のシーズンは天気が荒れて雷が鳴り響く事も珍しくない。落雷による被害が急増するのも梅雨の時期だ。家に落ちて屋根や電化製品を壊すだけでなく、人に落ちて命を奪うこともある。

その落雷に関する衝撃的な統計が発表された。なんと「落雷で死亡した人の82パーセントは男性」なのだという。なぜ男性の死亡者が極端に多いのだろうか? その理由は以下のとおりだ。

続きを全部読む

【衝撃動画】マジか!? 雷が直撃したのに「むくり」と起き上がり歩き始める不死身じいさんがスゴイ

「ズガーンッ!」と雷が人間に直撃したら、誰しもが「死んだ……」と思うだろう。直撃したことはないので、どれほどの衝撃なのかは不明だが、一撃必殺のパワーであることは安易に予想できる。

だがしかし……。人間、意外と頑丈にできているのかもしれない。ブラジルで撮影された動画「Old man survives lightning strike MUST SEE!!」を見れば考え方も変わるはずだ。

続きを全部読む

世界的な異常気象発生か!? 豪州でわずか1日で17万3000回もの落雷を記録

ハリケーン「サンディ」の影響で、米ニューヨークは都市機能に甚大な被害を受けました。2012年10月29日にハリケーン上陸後、21州で約850万世帯の電力供給がストップしたそうです。二週間を経て今もなお、約100万世帯で電力は復旧していません。サンディの残した爪痕は計り知れないものになりました。

実はアメリカだけでなく、オーストラリアでも驚くべき自然災害が発生していたようです。豪州南部では11月5日、24時間で17万3000回もの落雷を記録したそうです。世界的に異常気象が発生しているのでしょうか?

続きを全部読む