「色盲」にまつわる記事

色盲のおじいちゃん警察官、生まれて初めて見る色に「全世界が輝いている」同僚のプレゼントに泣き崩れるアメリカ警察のSNS投稿が話題

人間の目というのは不思議なものだ。例えば、景色に感動した時、帰ってスマホで撮った写真を見てみるとショボく見えるというのはよくあることだろう。もっと壮大でビビッドだったあの景色。私たちが普段目で見ている世界はなかなか他に代えがたい。もし、そんな世界に色がなかったら

2018年11月15日に投稿されたアメリカ警察のFacebook投稿が話題である。色盲のおじいちゃん警察官、同僚のプレゼントで生まれて初めて色を見た感想は……

続きを全部読む

【動画あり】色覚異常の男性が生まれて初めて「色」を感じる瞬間の姿にグッと来た

男性の場合、15人に1人の割合で発生するという色覚異常(色覚障害)。英語では “Colour Blind” (色盲)と言われるが、視界が白黒というわけではなく、言って見れば “古い色あせた写真” のようになってしまう症状だ。

そんな色覚異常の男性が矯正メガネを使い、生まれて初めて色あざやかな世界にふれる瞬間を捉えた動画が「Colorblind Man Sees Purple for the First Time」である。戸惑いつつも感動のあまり言葉を詰まらせる姿にはグッとくるものがあるぞ!

続きを全部読む

色覚異常から「色を聞く」世界へ / 頭蓋骨に埋め込んだカメラで色を聞く芸術家ニール・ハービソン

「色聴」という言葉をご存じだろうか? これは、音を色として感じることができる能力をさす言葉だ。共感覚とも呼ばれており、ある感覚的な刺激(たとえば音)を受けると、同時に別の感覚的な刺激(この場合は色彩)を受ける知覚現象を意味する。

ロンドンで活動する芸術家、ニール・ハービソン氏は生まれついて色覚に障がいがあり、色を識別することができない。11歳まで白黒の世界に生きていることにさえ、気づかなかったそうだ。現在は頭蓋骨に特殊な装置を埋め込んでおり、色を音で聞くことができる。つまり後天的な共感覚の持ち主だ。彼に聞こえている音はとてもユニークで、同じ世界にいながら、まったく別のものが見えているようである。

続きを全部読む

「犬は色盲」は迷信だった / 黄色と青色を識別できることが証明される

犬を飼ったことがある人なら一度は思ったことがあるのではないだろうか。自分の犬につぶらな瞳で見つめられて、「こんなにかわいいのに、白黒の世界しか見えないなんて可哀想だな」と。

一昔前から「犬は色盲」という迷信がまかり通っていたが、ある研究により、犬は色が識別できることが判明したのだ。犬好きにはこの上ない朗報だ。

続きを全部読む