「婚約者をハネムーンに連れていきたい」余命わずかの男性の夢を叶えるため世界中の人々が立ち上がる

もしも今、あなたの人生は残りわずかだと告げられたら、みなさんならどうするだろうか。人それぞれ最後にこれだけはやっておきたい、この夢だけは実現したいというものがあるだろう。

そんな状況に今まさに直面しているひとりの男性がいる。病気を患い余命わずかであることを知った彼の最後の願いは、ずっと自分を支えてくれた婚約者と結婚し、彼女をハネムーンに連れていくこと。その切実な想いを知り心打たれた世界中の人々がいま、治療費の支払いで金銭的余裕のない彼のために動き出しているという。

続きを全部読む