「肺がん」にまつわる記事

医者から「肺に白い影が見える」と言われてCT検査を受けた結果

タバコを吸っている人の中で、いつか肺がんで死ぬことを覚悟している人はどれほどいるのだろう? 恐らく、ほとんどの人は「そういうリスクがある」と頭では分かっていても、心の中で重く受け止めてはいないように思う。

だが、喫煙者の現実はご存じの通り。説明するまでもないだろうが、タバコを吸っている限り医者から「肺がんです」と告知される可能性は非喫煙者より高い。もしくは、「レントゲンに白い影が映ってます」というパターンかもしれない。15年ほどタバコを吸い続けてきた私(35歳)と同じように……

続きを全部読む

【過激すぎるため閲覧注意】海外で見つけたタバコの注意喚起が「見ただけでタバコを投げ捨てたくなる」ほど強烈!!

日本でタバコを買うと、「喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます」という注意書きがパッケージに書かれている。一応、警告である。それを読んで、どれだけの人が危険性を感じるのかは謎だが、とりあえず警告だ。

一方、海外で販売されているタバコの注意喚起は、日本のタバコに比べて、はるかに強烈だとよく言われる。今回は、そのことがよく分かるタバコのパッケージ画像を紹介しよう。取り上げるのは、ブラジルのタバコなのだが……過激すぎて、完全に閲覧注意のレベルである!!

続きを全部読む

ニンニクパワーすごい!「生ニンニクを週2回食べると肺がんになるリスクが半減する」という研究結果

ニンニクは健康に良いにも関わらず、口臭がキツくなるという理由で避けられることも多い、時にかわいそうな存在である。しかし今、そんなニンニクのすごい健康効果が判明し、話題になっている。

注目されているニンニクの健康効果とは、肺がんの発症を抑制するという作用だ。最新の研究では、生のニンニクを週に2度食べると、肺がんを患う確率が約半減することが明らかになったのだ。

続きを全部読む

家族の存在はデカい! 既婚の肺がん患者の生存率は独身の患者よりも3倍以上高いことが明らかに

家族や配偶者がいることの有難さや大切さは、普段のなにげない生活ではつい忘れがちになってしまうもの。自立して独り暮らしを始めたり単身赴任などで家族から離れたりしたときほど、その存在の重要性に気付くのだ。

だが、肺がんを患った人々にとっては、家族の有難みは毎日ひしひしと感じるものなのかもしれない。最新の研究によると、肺がん患者の生存率は独身の人よりも既婚の人のほうが3倍以上高いことが明らかになったそうだ。

続きを全部読む