「美容師」にまつわる記事

芋女がTwitterフォロワー数2万人超のアニ髪美容師に「完全お任せ」したらガチでオシャレヘアーになれた!

美容院に行くのって、正直面倒くさい。流行もよく分からないし、似合う髪型も分からない。芋くさい筆者は、オシャレな美容師さんとの会話に緊張する……。どこかに緊張せず、丸投げオーダーしてもオシャレヘアーにしてくれる美容師さんはいないかな?

それがなんと——いた。なんと、アニメの髪型を再現する「アニ髪美容師」としてTwitterなどで大人気の井上佳祐さんが、完全お任せオーダー大歓迎だというのだ。マジか!? 早速、ガチで完全お任せしてきたぞ!

続きを全部読む

トランプ大統領の髪が突風で煽られて『ハゲ部分が露出する』事態に! 美容師のコメント「ポマードが5缶はいるな」など

時の流れは早いもので、ドナルド・トランプ氏がアメリカの大統領に就任してから約1年が過ぎた。物議を醸している数々の政策のほか、いまだに話題になってしまうのが独特なヘアスタイル……。

本人は「カツラではない」と主張しているものの、こともあろうか髪の毛が突風で煽(あお)られ、ハゲ部分が激しく露出する事態が発生してしまった。そこで米番組がプロの意見を求めるべく美容師にインタビューを敢行したところ、かなり専門的(!?)なコメントが次々と飛び出している。

続きを全部読む

「自分の逮捕写真を利用して商売繁盛」させた美容師が登場! 転んでもタダでは起きない商魂に脱帽

ビジネスを拡大するために、広告の存在は欠かせない。上手に宣伝するには人々の購買欲をそそったり、「この店に行きたい!」と思わせるポジティブな宣伝文句や写真などが、効果的だと言える。

ところが、自分の逮捕写真を利用して商売繁盛させてしまった美容師が登場! その転んでもタダでは起きない商魂に、きっと脱帽してしまうに違いない。

続きを全部読む

米美容関係者が「DV被害者」をサポート出来るよう講習を受講 / カウンセラー的な役割も果たすことに

現代では、DV(家庭内暴力)が大きな問題となっているが、自分で被害を訴えない被害者も多い模様で、最悪の事態に巻き込まれてしまう場合もある。

そこで、アメリカのある州では、客と個人的な話をする機会が多い美容師やネイリストが、DVの被害者を見分けて支援出来るよう、講習を受ける法律が施行されることになったのだ。

続きを全部読む

【オソロし動画】巨大肉切り包丁とハンマーを使って髪の毛を切る床屋がヤバい!

読者の皆さんは、行きつけの床屋や美容師に、どれぐらいの信頼を置いているだろうか!? いずれ髪の毛は伸びるものだが、自分が思った以上に髪をカットされたり変な仕上がりになってしまったら、元の状態に戻るまで数カ月を要してしまう。

それだけに、床屋や美容師とは、絶大な信頼関係を結ぶ必要がある訳だが、なんと、巨大肉切り包丁とハンマーを使って髪の毛を切る床屋が存在するというのだ! こんな床屋だったら、信頼どころか命を預けることになりそうである。

続きを全部読む

【衝撃動画】日本刀と炎でヘアカットする「サムライサロン」が完全にサーカス

突然だが、皆さんは美容室に行った時どのような注文をするだろうか。すべてを細かく指定する人、美容師にすべてを任せる人、それは人によってさまざま。もし常連であれば、「いつも通り」の一言で通じてしまう人もいることだろう。

間違えても「炎で燃やしてください」「日本刀で切ってください」とお願いする人はいないだろうが、な、なんと! スペイン・マドリッドの美容室……通称「サムライサロン」ではそんなお客さんがいるのだという。

続きを全部読む

プリントシール機すげえ!! 高級化粧品を使ってプロにメイクしてもらっても吐き気を催すほどのオッサンが猛烈に可愛くなった!

私(佐藤)は自分で言うのも何だがブサイクである。秋の晴れ渡る空のごとく、清々しいほどのブサイクだ。女性には化粧品があり、百貨店の化粧品売り場にいけば、上手に手ほどきをしてくれるメイクの人がいる。仮に高級化粧品を使ってプロのメイクの人に化粧を施してもらえば、私のブサイクを多少は軽減できるののだろうか?

そんな素朴な疑問を解消してみることにした。最後はゲームセンターのプリントシールで記念撮影。これできっと美しくなるに違いない! そう確信した私だったが、想像以上に可愛らしくなってめちゃくちゃ驚いた! 「美しい」は作れる!

続きを全部読む

男手ひとつで3歳の娘を育てるパパが一念発起! 教室へ通って「娘のためにヘアスタイリング」をマスター! その腕前に感心すること間違いナシ!

幼い子供を育てることは、両親二人揃っていても大変な仕事である。それが片親で、しかもシングルパパが娘を育てるとなれば、その苦労は想像に難くない。

そんな、男手ひとつで3歳の娘を育てるパパが、娘の髪型をかわいくアレンジできるようにと一念発起して、ヘアスタイリングの教室に通ったストーリーが話題を呼んでいる。 “ファーザー・オブ・ザ・イヤー” に輝いてもおかしくないようなシングルパパの、心温まる活躍ぶりを紹介したい。

続きを全部読む

【あるある】初めて美容院に行った思春期の男子にありがちなこと30連発

思春期というのは、オシャレに目覚める時期でもある。男性であれば、ムースやワックスを買い出す時期である。オカンが買ってきた服を拒否する時期である。そして今まで理髪店、いわゆる床屋さんを利用していたのに、「美容院に行く」と言い出す時期である!

ということで、今回は初めて美容院に行った思春期の男子にありがちなことを、「あるある」という形でお届けしたい。読めば、あの時の気持ちがよみがえること請け合いだ。

続きを全部読む

【動画あり】ハサミではなく「日本刀」でヘアカットをするカリスマ美容師

皆さんは散髪する時にどのような注文をするだろうか。長さを指定する人、常連であれば「いつも通りで」という人も多いことだろう。他には「おまかせします」と美容師にすべてお願いする人もいるに違いない。

そんななか……なんとベトナムでは「日本刀でカットしてください」と頼まれるカリスマ美容師が存在すると話題になっているぞ。その様子は動画「Haircuts with Katana (Wakizashi – Japanese Sword)」で確認可能だ!

続きを全部読む

【芸術】頭で有名人を完全再現! 「神の腕」を持つ美容師の作品集

「神の手」といえばアルゼンチンのマラドーナ氏だが、「神の腕」を持っているのはアメリカにいる美容師のロブ・フェレルさん。というのも彼は “髪の毛” を使って有名人を完全に再現してしまう腕の持ち主だからだ。

最近では、現在行なわれているブラジルW杯に合わせ、サッカー選手を描いたヘアスタイルを作ったことで世界中から注目を集めているぞ。今回はそれらをはじめとする彼の作品をいくつかご紹介したい。

続きを全部読む

【あるある】ハゲ男性から絶大な信頼を勝ち得る美容師さんの特徴10選

「カリスマ美容師」という言葉があるように、日本には素晴らしい技術を持つ美容師さんがいる。ただ、何をもって「素晴らしい」とするのかは、人によりけりだ。技術以外にも「仕事が早い」「オススメしてくれる髪型が安心」「よく話を聞いてくれる」など重視している点は、人それぞれだろう。

そんな中から、ここではハゲ男性の視点から「この美容師さん、素敵やん」と感じるポイントを紹介したい。なお、これらはいずれも、個人的な体験の中から、独断と偏見でチョイスしたものである

続きを全部読む

【実体験】ペットの美容室で「髪の毛を切ってください!」とお願いしてみた

犬や猫のシャンプー・カットしてきれいに保つお仕事「ペットトリマー」(別名:グルーマー)。動物の毛髪を扱うことにかけてはプロフェッショナルなのですが、人間の髪を整えることは可能なのでしょうか?

実際にトリマーに整髪をお願いしてみました。理・美容師もトリマーも「毛」を扱う点に関しては、ほぼ同じ。はたして、どのような髪形に変身するのでしょうか!?

続きを全部読む