「編集GO」にまつわる記事

中にビーズが入っている無印良品の「体にフィットするソファ」が快適すぎてヤバイ / 使用禁止令が出るレベル

眠い時のソファは非常にキケンだ。ふと気づいたら、「やべえ! 寝てた!」という事態におちいる可能性が高いからである。快適なソファほどキケンなことは言うまでもない。そしてその快適さは、値段に比例するとも言えないのだ。

今回ご紹介したい超キケンな商品は、無印良品の『体にフィットするソファ』である。けっこう前から販売されており、ご存じの方も多いだろう。中にビーズが入っている、大福みたいなソファである。

続きを全部読む

【ハゲメンのススメ】ただ禿げてれば良いわけじゃないよ! 絶対にはずせないハゲメン(かっこ良いハゲ)の条件とは?

世界中のハゲのみなさんへ。そしてフサフサなみなさんへ。そしてハゲにいくばくかの偏見をもつ女子たちへ。

ハゲはかっこいい! めっちゃクール!!

前回、そんなハゲの魅力について説明したけれど、ひとつ伝えなければならないことがあるよ。

実は、ところかまわず禿げてさえいれば良いわけではない。「ハゲメン」になるための条件があるのだ。

今回はそのことをお伝えすべく、ふたりのハゲ好き女子2人に話を聞いてみることにした。ハゲに魅力を感じている女子は、いったいどんなハゲが好きで、どんなハゲは難しいと感じているのだろうか。

続きを全部読む

【ハゲメンのススメ】渋メン目指すなら禿げは必須条件! 正々堂々とクールな「ハゲメン」を目指すべし

「ハゲメン=渋メン」

本日は「禿げ」がいかに魅力的かということを、禿げ好き記者(アラサー女)が解説するよ!

これを読めばフサフサ諸君は「俺もハゲたい!」って心底思うはず。「なんで俺はハゲじゃないんだ!」って運命を呪うかもしれない。でも、絶対に自分の髪の毛むしっちゃダメだよ!

その前に、注意して欲しいことがある。

続きを全部読む

【はやく!】東京理科大が「髪の毛が生える器官」の再現に成功! 抜け毛の根本的な治療法になるかも!!

薄毛や抜け毛、すなわち「ハゲるかも運命」に悩む男性に朗報すぎる朗報だ! 「NHK NEWS WEB」によると、東京理科大学総合研究機構などのグループが、髪の毛の生える器官(毛包)の再現させるマウス実験で成功したとのこと。よくやった。本当によくやってくれた!

さらに! 同グループは「抜け毛の根本的な治療法につながる可能性がある」と明言しているらしい。やはり日本の科学技術は一味違う。世界のハゲ予備軍を救う、ノーベル平和賞モノの大発見である!

続きを全部読む

自分が老けて見えるiPhoneアプリ『カガミドル』で若返りの闘志を燃やせ

最近、顔が親父に似てきた。つまりオッサンになってきたということだ。目の下のくまは消えず、口角も下がり始めた気がするし、なにより肌のツヤとハリが皆無なのだ。あー、もうオッサンなんだ。

そんなとき、一瞬でも明るい気持ち、もしくは絶望的な気分にさせてくれるのが、iPhoneアプリでは数多くリリースされている「顔いじくり系アプリ」である。たとえば『カガミドル』もそのひとつ。

続きを全部読む

寝るだけで「仮面ライダーメテオ」に変身する方法

「宇宙キター!」でおなじみの、青春ヒーローアクション特撮ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』。アストロスイッチも続々登場、さらに登場人物も増えたりして、よりいっそう楽しくなってキター!

そんな新キャラのなかでも注目を集めているのが朔田流星が変身する「仮面ライダーメテオ」である。青を基調とした左右非対称のデザインが特徴であり、ブルース・リーが生み出した武術「ジークンドー」をベースにしたファイトスタイルは見ているだけで気合いが入る。

そんな「仮面ライダーメテオ」に、いとも簡単に変身する方法があるのでお伝えしたい。その方法とは……

続きを全部読む

【男コラム】ふんどしが恋しい / 褌のない日常なんて戦(いくさ)のない戦国時代のようなものだ

非常にまずい事態におちいっている。それは……ただただ、褌(ふんどし)が恋しいのである。

男の中の男の祭「蘇民祭」に向けて、ふんどしに明け暮れた数週間。最初こそ「恥ずかしい」という気持ちがあったものの、一度ふんどしを締めてしまったら、もう元には戻れない。以前もコラムで説明したが、ふんどしを締めているとビシッとした気合いが入るのである。心が熱くなるのである。シリから熱くなるのである。

続きを全部読む

【永久保存版】蘇民祭に参加したいと思った人へおくる寒さ対策のアドバイス

ジャッソー! ジョヤサー! 2012年1月29日に岩手県黒石寺で開催された、日本最大級の伝統的な裸祭り『蘇民祭』。まさに昨日は蘇民祭ニュース一色であった。本誌でも精力的に報じたので、「参加したい!」と思った男性も多いだろう。

そんな心熱き男の中の男たちにに、蘇民祭に参加した記者2人が肌身で感じた「寒さ対策のアドバイス」をお伝えしたい。結論から書こう。

続きを全部読む

【蘇民祭体験記】あまりの寒さに本当に死ぬかと思った

ジャッソー! ジョヤサー! 2012年1月29日に岩手県黒石寺で開催された、日本最大級の伝統的な裸祭り『蘇民祭』。ふんどし一丁、気合いの入ったタフガイたちが集まる男の中の男の祭であり、そのムンムン・メラメラとした熱気は本誌でも総力的にお伝えしているところだが、実は死ぬほど寒いのだ!

なぜそう言い切れるのかというと、本誌記者(私)も参加してきたからである。本誌からは私以外にも、もうひとり(記者)、合計2人で蘇民祭に参加してみた。ジャッソー! ジョヤサー!

気温はマイナス7度。チラチラと雪も舞っている。なのに身なりはフンドシ一丁。すでにこの時点で寒いのだが、祭りの開始と共に始まる『裸参り』のキビシさは、「今までの人生の中での過酷な経験ベスト3」に入るほどに強烈だった。

続きを全部読む

日本最大級の裸祭『蘇民祭』いい男たちの躍動感あふれる写真集

2012年1月29日に岩手県黒石寺で開催された、日本最大級の裸祭り『蘇民祭』。

毎年開催される日になると、東北地方をはじめとした全国から男らしいタフガイたちが集まる祭りだが今年はかなり参加人数が多く、なんと100人近い猛者どもが集まったのである!

続きを全部読む

【辛いモノ好き必見漫画】あの人気手羽先屋さんの裏メニューを注文してみた!

知っていると常連になった気持ちになれる、飲食店の「裏メニュー」。もちろんメニューには載っていない。店員さんと、常連である「通(つう)」しか知らないのだから、サラリと注文されると「オオッ!」となる。知りたい知りたい、私(記者)も注文してみたーい!

ということで今回は、人気の手羽先屋さんで注文できる裏メニューを注文&実食、そのもようを漫画にしてみたぞ!

続きを全部読む

スティーブ・ジョブズが伝えたかったことは何なのか? ネットユーザー「ハゲは治らない」

2011年10月5日、突如としてこの世を去ったアップル社の前CEOスティーブ・ジョブズ氏。彼の死後すでに1カ月以上が経過したのだが、その間にも同社を取り巻く環境は刻々と変化している。

彼が亡くなる前日にiPhone4Sが発表され、10月14日発売。世界中で注目を集め、売り上げを堅調に伸ばしている。一方でバッテリー問題が解決せず、「iOS5.0.1」にアップデート。だが、いまだに問題解決に至らず、同5.0.2をリリースするのでは? と言われている。

また、彼の伝記も発売されている。これらの出来事が、彼の死からわずか1カ月程度で起こっているのである。彼が生きていたのなら、さまざまな出来事にどう対処したのだろうか。そして、彼は人生を通して、何を伝えようとしたのだろうか。改めて考えてみたい。

続きを全部読む

【違和感ゼロ】プロピアの『ヘアコンタクト』で「デコの狭いオレ」に変身してみた!

正直、もう言い逃れできないレベルにまで達しつつある。何のことかと言うと、記者(私)のオデコの生え際ラインである。昔からオデコは広かったが、もはや「昔からオデコが広くて……」という言い訳が通用しない進行具合なのである。

特にサイドの生え際の攻められっぷりは激ヤバレベルで、いつセンタリングされてもおかしくない状況。もしもセンタリングを許してしまったら、前頭部に関してはツルッパゲな東国原前宮崎県知事状態になることは必至。絶対に中央部への進行を許してはならない。絶対に……!!

ということで、東国原前宮崎県知事が広告キャラクターに就任したことでも話題になった、貼るタイプのカツラこと、プロピアの『ヘアコンタクト』を試してみることにしたぞ!

続きを全部読む