「紫外線」にまつわる記事

日焼けしすぎて「頭が妊娠したみたいになった」という米男性が話題 / 額を指で押したら凹みが出来たらしい

真夏にビーチに行く時に日焼け止めをタップリ塗っても、曇りの日や少し外出するぐらいだったら日焼け対策を施さない人は結構多いのではないだろうか? しかし、どんな時でも紫外線は人間の皮膚にとって大敵である。

そんな教訓を痛いほどに思い知らされる画像が話題だ。なんでも、ある男性が日焼けしすぎて頭部が腫れ、額を押したら凹みが出来てしまったというのである!

続きを全部読む

これマジ欲しい! 日焼け止めの塗り残しを教えてくれる便利グッズが超便利!!

全国的に梅雨明けが進むなか、本格的に夏が到来することもあり、真剣に日焼け止め対策を考えなければならない時期になった。自分ではきちんと日焼け止めを塗ったつもりが、海やプールから帰って来たら、「数カ所に変な日焼けが出来ていた……」なんてことは良くある話だ。

しかし、日焼け止めの塗り残し箇所を教えてくれる便利グッズがあれば、そんな心配は無用である! そこで、もうすぐ市場に登場予定だというデバイスについて、紹介したいと思う。

続きを全部読む

どやぁあああああ! 「スプレー式日焼け止め」の威力がよ〜く分かる写真がこれだ!!

紫外線が厳しいこの季節、みなさんはちゃんと日焼け止め対策をしていますか? 日傘をさしたり、帽子をかぶることも大切だけれど、日焼け止めを塗ることも忘れずに。クリームタイプやジェルタイプ、スティックタイプなど色々ある。

肌に吹き付けるスプレータイプも気になるところだが、どれほど紫外線をブロックしてくれるのかしらん? そこで今回は、「スプレータイプの日焼け止め」の威力がよーく分かる写真をご紹介しよう!

続きを全部読む

日焼け止めが「どれだけ紫外線をブロック」できるか実験した動画にビックリ! 再生回数1200万回を突破!!

女性にとって、夏は日焼け止め対策に神経質になる季節である。紫外線はシミやソバカス、シワの原因となるだけでなく、皮膚癌や目の病気を引き起こすこともあるため、十分注意が必要だ。

しかし、日焼け止めは塗ってしまえば目に見えないため、どれだけ効果があるのか把握しにくい。そこで、日焼け止めが “どれだけ紫外線をブロック” できるか実験した動画「How the sun sees you」が製作され、超話題となっているので紹介したい。

続きを全部読む

「SPF50の日焼け止めでも完全に肌を守ることはできない」との研究結果 / 皮膚癌を防ぐためにはさらなる対策が必要!

これから紫外線が強くなる季節、特に女性は日焼け対策を万全にするため、SPF(紫外線防御指数)の高い日焼け止めを購入し始めている人もいるだろう。しかしある研究で「SPF50の日焼け止めでも完全に肌を守ることはできない」との結果が発表されたのでお伝えしたい。この夏は、普段以上に日焼け対策を施したほうが良いかもしれない。

続きを全部読む

絶対に日焼けしない帽子が激写される

適度な紫外線はビタミンD生成を助け、丈夫な骨を作ってくれる。だが、過度な紫外線はお肌の敵! 皮膚がんやシミの原因、また肌の老化を進める。特に女性は気をつかっている人も多いだろう。

フランスの旅行情報サイトに絶対に日焼けしない帽子の画像が投稿された。「この帽子攻めすぎ!」「確かに効果はありそうだ」と話題になっている。

続きを全部読む

日焼けしすぎると肌にもよくないが「瞳」にもヤバイ / 今までの紫外線蓄積量を学生時代の部活歴でチェック!

太陽がガンガンと照っていたら、日焼けオイル塗りまくって肌はコンガリと松崎しげる並みに焼きまくる! もしくはサイパン合宿し終えた長州力レベルの肌の黒さが最高だよな! ……なんて思っていた私(記者)だったが、なにげに同年代の知人(男性)は、みんな日焼け止めクリームを塗っていた。

なんでそんなモン塗ってんだ!? 色白のモヤシでいいのか? と色黒の私が聞いてみると、色白のみんなは「そんなに焼くと、将来ヤバイよオマエ」なんて言っている。なんでも、日焼けするとシワやシミの原因になるそうだ。そしてそれは常識なのだそうだ。そっ……そうなの? ……なんで早く教えてくれないんだコノヤローッ!

続きを全部読む

美肌を保ちたいなら、美肌のプロTwitterをフォローしておくと楽チン / 肌ケア豆知識と化粧のコツを連投中

とにかく暑い! しかも晴れていたかと思えばシトシト雨、梅雨の季節は気持ちも重くなりがちだ。しかし梅雨があけると、こんどは燦燦と輝く太陽の季節・夏がやってくる。女性にとっても男性にとっても紫外線は気になるところ。できることならいつまでも、若々しい肌を保っていたいものである。

しかし、具体的に何をすればいいのか分からないという人も多いだろう。また、「肌に気をつけなきゃ」と思い始めた10分後には、肌のことなんてサッパリ忘れていたりするものだ。そんな時に役に立つのが「美肌博士」レベルに肌に詳しい人の助言である。

続きを全部読む